警察官が後ろ盾!さすが三崎正敏
警察官が後ろ盾!さすが三崎正敏

三崎正敏が中心になって、過去に敬天に叩かれた事件屋、詐欺師を集めているらしい。「赤信号みんなで渡れば怖くない作戦」である。

三崎の後ろには一部の警察官がついている。三崎を囲んで忘年会をやるぐらいだから、相当深い関係であるらしい。「だから心配するな」という掛け声らしい。

O、U、等が今のところメンバーらしい。実際に弊紙に書かれた人たちを回り、寄付を募っているらしい。なんでもビジネスにする男である。

Uは大手マスコミからの情報を元に質問状を出したら、直塾長がUからの依頼で来たが、丁重に断った。その後記事化したのである。

弊紙は不正を見つけては暴露することで、社会に貢献している(つもり)のである。斬新なネタ、希少価値なネタ、知られたくないネタ、不正なネタ等、巷にはネタが溢れている。

それらをいち早く情報収集したマスコミが、ヒットを飛ばしたり、特ダネを配給出きるのである。新鮮で貴重な物ほど高く売れる。世間に知られてしまえば、価値がなくなるものもある。

たとえば新聞など、読む前にこそ価値があって、読んでしまえばもう必要ない。ネタによっては、個人や企業で高く買ってくれるものもある。その値段はお互いの交渉で決まる。たった1日掲載を遅らすだけで、契約が成功したり、ボツになったりすることもある。

新聞はプレス(圧力)という一面も持つ。我々のような、小さなネット情報誌も大手マスコミも、社会からの信頼度こそ違え、基本は同じである。多かれ少なかれ、「書き屋」なんて、そのようなものである。

情報を送る方も、できるだけ著名なところで発信させたいと思う。今や週刊誌業界では、文春の一人勝ち状態だが、何度かヒットを飛ばせば、そこに情報は集中してくるのである。

取り上げられたことで、会社が倒産する人、今からやろうとしたことがご破算になること、投資者を騙し投資詐欺を続けていた者が、記事が出たことで全容がばれ、金が集まらなくなること、記事が出たことで金融機関からの出金がストップしたこと、等が起こり得るのである。

しかし、書く側だって、何もないことを取り上げるわけではない。書かれる側にも何か落ち度とか不正とかがあるから書くのである。文春の得意の不倫にしたって、一般人の不倫を取り上げてるわけではない。やはり有名税の一種であろう。

弊紙の場合は、詐欺や不正に特化してる場合が多い。三崎正敏は詐欺でも直接不正でもないが、警察との癒着が酷過ぎる(仕事に警察を遣い過ぎる)と言うのと、積水ハウス地面師詐欺事件での主役の一人カミンスカ小山容疑者の逃亡直前の犯罪利益で買ったマンションの売買仲介をした本人という情報が入ったので取り上げた次第である。

三崎正敏の話は、「後ろに『三崎署員』と言われる程の警察官が要るらしいから、直接的には書きにくい」のだそうである。三崎正敏は投資詐欺でいま一番注目されてるテキシアジャパンホールディングス(銅子正人)にも食い込んでいるらしい。

と言っても、詐欺投資に直接絡んでいるわけではない。警察捜査を緩くしてやるということで、大阪弁護士会の大物ヤメ検を顧問に紹介し、銅子が今一番恐れている心理を突いた作戦のようである。

弊誌なんか久間先生が広告塔に使われてたから、一言言ってあげたけど、何の音沙汰もなかったねー。来たのは「煽り屋さん」ばかりだった。さすが三崎だなー。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>