【投書】17・太陽光から暴力団の資金を生み出す旭電業(株)と(株)ASK・代表取締役=元暴力団員・駒井裕(旧姓今井)・その17
【投書】
太陽光から暴力団の資金を生み出す旭電業(株)と
蝪腺咤法代表取締役である元暴力団員.駒井裕(旧姓今井)

・その17

警察の狙いは「罪だらけの関係」


★覚醒剤常習者・松田悟志経由で、駒井裕の上納資金5千万円が指定暴力団に流れた!

駒井の地上げ仲間で「覚醒剤はおやつ感覚」とフェイスブックで公言する松田悟志(元暴力団組員で、現在、六代目山口組K会企業舎弟)が、駒井裕(元暴力団員、現在、松田と同じK会企業舎弟)に対して、太陽光発電で得た金の総額を、暴力団には過少申告していたことが露見した。仲間である松田悟志にも、暴力団から疑いがかかり、元々K会の組員だった松田が、上納金の不足分を請求されたという情報が関係者に入った。

松田悟志は「駒井さんが、高額の金を手にしているのに、組織に入れた金では上納が足らないと、組で問題になっていますよ!」と不足分の支払いを駒井に迫ったという。これは松田と駒井二人が、企業舎弟として上納している、広域指定暴力団への上納金を上乗せして追加するということだ。

元暴力団員の端くれとはいえ、駒井裕は暴力団への上納の重みを認識している。松田から上納をケチった事で指摘され、組の上層部が怒っていると感じた駒井は、大慌てで金を用意して支払ったという。

駒井が一貫して変われないのは盗癖、横領癖の様だ。サラリーマン時代から横領→解雇の繰り返しで無職になり、暴力団員の弟を頼って暴力団員になり、その暴力団でも、盃を貰った兄貴分の金を横領した事は既報の通り。その後、京都の人権団体「崇仁・協議会」川村眞吾郎会長に拾われ、更に巨額な横領を働いて現在がある。その習性はどうやら不変らしい。

この横領は暴力団側からすれば、あるべき上納金の横領ということになるのだろう。
今般の内輪揉めは、敬天新聞ブログ、敬天新聞が、駒井の悪事を白日に晒した事の副産物で、暴力団側は駒井に大恥をかかされた形になってしまった。駒井の泡銭をK会に上納する際に、橋渡し役として、元奈良県生駒市会議員であった、酒井隆と、酒井隆の息子同様に、松田悟志の役割であった。

「あの駒井だけは(敬天の)ブログで書かれた通りのセコい奴だ」と松田は呆れて怒っていたと関係者は証言する。松田の怒りの原因は、今回も駒井が支払いをケチったからだという。

K会に近い、元暴力団員である松田が、駒井に要求した上納金額は、
「駒井さんが太陽光事業で、旭電業(株)から得た金額はバレてますよ。K会への上納金として、先ずは最低でも3億円は必要ですよ!」
そう要求したという。

この金額の根拠は、(株)ASKの京都銀行西大津支店の口座にある23億円の預金である。

旭電業(株)が振り込んだ23億円と、更に他行に預金されている駒井裕本人や、家族名義の約7億〜8億円、総額で約30億円の預金が確認されている。その10%である3億円が暴力団の看板料、すなわち上納金として、妥当な額であると、松田は考えたのであろう。
*(大阪府警調べ〜その約7億円〜8億円のうち、3億5千万円は、元雇用主・川村眞吾郎氏から横領した金。更に約1億円が入院した川村氏をダシに『命の危機で手術費用が必要だ』と言って、川村氏の関係者・知人から詐取した金、残りの2億5千万円〜3億5千万円は、オレオレ詐欺で得たとの情報)

しかし、駒井が散財した金は、駒井の彼女の証言では、約10億円位だと、本人は豪語しているという。それに高級マンション、高級車、毎月の海外旅行、その総額は30億円どころではなく、松田の脳に、大好きな覚せい剤を、限界いっぱいぶちこんでも、更に目の覚めるような金額であろうと思われる。

しかし、駒井の盗癖、横領癖は、ここでもチョロチョロと、トカゲの様に姿を現すのである。松田が最低3億円という要求額を提示した数日後、駒井は松田に5千万円だけ渡して早口でこう言った。

「今は目立つんで! このカネで上(六代目山口組K会幹部)にとりあえず勘弁してもらって欲しいんですわ!お世話になってますんで、あと2億5千万円は急ぎ持ってきますんで!」

しかし、この様に約束したにもかかわらず、駒井は松田の電話に、その後は一切出なくなったという。
関係者に「(駒井は)セコい奴だ」と吐き捨てた松田の怒りの原因は、この上納金の詐取だったようだ。同じ暴力団の企業舎弟で、極道世界の兄弟分の関係だった、松田悟志と駒井裕の友情は、駒井の金への執着によって崩壊したようだ。


★「六代目山口組K会への上納」が最初から事業開拓コンセプト

いずれにせよ、旭電業(株)から駒井裕に支払われた金の中から、六代目山口組K会に(松田の着服がなければ)確実に5千万円が上納され、当局がそれを把握するのも時間の問題だ。その事実は明白である。警察当局は暴力団、企業の双方に捜査の手を伸ばすであろう。勿論パイプ役・核心人物は駒井裕で間違いはない。松田悟志と駒井裕は、六代目山口組K会の企業舎弟である。

松田は五代目山口組体制時にK会傘下組織(東京都)の組員であったが、覚醒剤使用・所持で逮捕され、覚醒剤厳禁の山口組の規律違反で「破門、絶縁」処分を受けた。しかし、出所後もK会の兄弟分に上納して、K会の名前を使いながら、スーツに身を包み、東京の会社数社の役員を偽装しているが、暴力団時代に小指を飛ばして、小指が無く、刺青だらけである(痛いのが嫌だったのか、色の入っていない刺青である)

彼のエリアは東京で、自分の名前で色々な会社の名刺を所持し活動している。表向きは会社役員、裏では六代目山口組K会の威光をフルに利用している、いわゆる企業舎弟である。太陽光発電事業を、駒井に勧めたのも実は松田悟史である。特に、現在地上げ中である岡山県美咲町は事業開始に当たって、松田悟志がかなりの役割を担ったという。つまり、最初から彼らの事業のコンセプトは「暴力団への上納の原資開拓」だったのである。

旭電業(株)はいつからこの「コンセプト」に加担し了解していたのであろうか?

日本最大の広域指定暴力団の親企業なのか?企業舎弟なのか?果たしてその位置づけは定かではないものの、資金の源泉のひとつである事は明白な事実である。


★駒井裕のマンションが、暴力団事務所と化している

関西エリア中心に流れた、TVCMで有名な、滋賀県の琵琶湖温泉「ホテル紅葉」は、現在は存在しない。滋賀県の琵琶湖の畔にあったホテルの場所は現在、地上15階建て最高級マンション「プレサンスレジェンド琵琶湖」が建っている。ホテルの売り物だった琵琶湖の眺望は、今や住民が独占する形である。

この高級マンションの最高の一室を、駒井は、元雇用主・川村氏から盗んだ金でキャッシュで買ったそうだ。少し前まで、駒井は、京都祇園のクラブホステスと、滋賀県浜大津のクラブホステスを連れ込み、ラヴホテル代わりに使っていたようだが、昨年12月から、様子がガラリと一変したと住民は眉を顰める。

この「プレサンスレジェンド琵琶湖」(滋賀県大津市茶が崎小麦尻一番)には似つかわしくない、ヤクザ風の男らが頻繁に出入りし始めたというのだ。駒井所有の部屋は、愛人部屋から暴力団の組事務所のように様変わりしたと言っても過言ではない状況の様だ。

マンションが愛人部屋だった時代には、駒井と川村氏の会社の横領を実行した、駒井の悪妻が常住した痕跡はなく、この悪妻は、現在、(株)ASKの本社登記場所である、滋賀県大津市桜野町2丁目11番58号に住み、今般の太陽光事業で入った金の管理と、脱税を企てている。

駒井の立ち入り先は、他には有限会社エステートJ(滋賀県大津市神領3丁目21番19号)があり、駒井は事務所として、ここを使っている様だ。その16で既報の通り、有限会社エステートJの代表取締役・徳村善宏は、駒井のパートナーであり「オレオレ詐欺師の出し子」で逮捕歴がある。今でも駒井と二人して、オレオレ詐欺を続けているという情報を、周囲から掴んでいる。

大津市の自宅兼、(株)ASKは経理担当の駒井の妻が仕切り、エステートJを、パートナー徳村と、特殊詐欺の共同事務所とし、ホテル紅葉の跡地「プレサンスレジェンド琵琶湖」は、暴力団の隠し事務所に貸している様だ。その様な状況が、関係先からは見えてくるのである。

(その18に続く)
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>