中編・週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)─悗環銘&質問状』

週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)

ヤナセ(和歌山県御坊市藤田町・小野沢朋一社長)の
取り立て役員、岡村泰孝氏からの「ご通知と質問状」と
それに対する弊紙・社主からの回答 〜 中編 〜


ヤナセからの『ご通知&質問状』(クリック)


昨日の続き。

質問状の⑴〜⑹に対する回答

質問⑴について。
まず質問では名誉棄損に配慮したように、I氏となっているが、佐藤君が報道サイトの記事の中で、何処から手に入れたか知らんが山一戦争の時の池田氏のダンプカー攻撃の写真と名前を出して記事にしてるのにI氏としてもわかりにくいだろうから、私は実名で書くことにしましょう。そのことに関しては池田氏の了解を得ている。私は報道サイトの佐藤君に記事を消す要求はしてないよ。敬天ブログでも書いてるように、「池田さんの部分は間違いではないのか?、家賃は払ってるし、受け取った社員も証言してるよ。嘘とわかったらその部分は削除しないとまずいぞ」というようなことは、本人に言った。要するに池田氏の部分の間違い部分は削除したがいいよと言った。その部分を指して聞いてきてるのであれば、言ったことになる。「何の為に要求したのか?」と問われれば、佐藤君の将来の為に助言したと言わざるを得ない。


⑵について。
これは私自身が報道サイトの記事を読んだ感想と、池田氏と金を受け取り通帳に振り込んでたヤナセの社員で経理部長であった相沢君の話を聞いて、私が感じ提言してあげたことで、要求ではありませんよ。私が要求するなら、もっと強引ですから、きつく申し入れ何度でもしつこく、佐藤君に言いますし、あなたがクライアントだとわかれば、直接お願いに行きますよ。また黒木正博という男の活躍は噂では知っていますが、残念ながらまだ一度も縁がありません。池田氏からも何も依頼はされておりません。


⑶について。
11月22日に佐藤君を呼び出したとのは何が目的ですか?と言うことですが、まず私の立場を説明しておきます。その何日か前に、突然佐藤君から電話があって、「いまアウトローズの奥村さんと会ってるんですが、奥村さんがすごい興奮して『自分は池田さん佐藤をが拉致するとか言ってないので、白倉さんにちゃんと説明してくれ』とか、言ってるんですけど、代わっていいですか?」とか言ってきた。そして電話の向こうで「出る」とか、「出ない」とか言い合っていて、結局は奥村氏が出て、私が「それじゃ近いうちに三人で会って話しましょう。その時に説明してください」となったのです。会う前日に奥村氏から電話が会って、「私が電話しても彼が来ないかも知れないので、白倉さんから電話してくれませんか?」というので、「わかった」ということで、私が佐藤君に電話をしたのです。

質問は「呼び出したのは、何が目的ですか?、記事を消させる目的ですか?」とありますが、この会談はヤナセの小野沢社長から弊紙への回答書の中で、「池田氏の代理人であるアウトローズの奥村氏が『池田氏が拉致するかもしれない。』言っていた」ということの真偽を確認するために集まったこと。私は二人の言った、言わないの判定役みたいな立場で居ましたから、ほとんど聞き役でしたね。冒頭から奥村氏「言ってない」に対して、佐藤君は「言ったでしょう」という感じでしたね。それで判定としては、奥村氏も先輩として、あるいは気心知れた仲として、はっきり言ったかどうかはわからないが、ニュアンス的には佐藤君が解釈(誤解も含めて)したような旨の話をしたかもな、という印象だった。しかし、その後佐藤君は「岡村さんの曲解もあるし、虚偽もある」とも言った。それで、それならその部分を削除すべきではないかと言う意見が出たが、金を貰って書いた記事だから削除できない発言があった。


⑷について。
「ヤナセ」の関連記事を出すことを「池田氏の了解を取って掲載した」と聞き及んでおりますが、事実ですか?という質問の意味が今一わからない。誰に聞き及んだか知らんが、その情報を伝えた奴はバカですね。なんでヤナセの記事を書くのに池田さんの了解が必要なの?池田さんの了解を取ったのは、「池田という固有名詞を出してもいいですか?」と聞いただけ。昔はヤクザをやっていても今は堅気なんだから、また記事で名前が出れば、色々と注目を浴びることになるからね。特に弊紙などで名前が出れば、褒めて書いてても白い目で見られる可能性さえあるし。それで了解を取った。池田さんは持ってる書類をすべて見せて、「社主が感じたまま、ありのまま書いて結構です」と言いましたよ。ヤクザを生きてた頃のそのままの男気溢れた人柄です。


⑸について。
この5の質問に対して、早く回答したくて回答したくて、うずうずしてました。「ヤナセの記事を書くにあたって池田氏から金をもらってるか?」という質問ですね。あなたは質問では「何らかの対価を得ていると聞き及んでおります」と書いているが、4の質問でも、「聞き及んでおります」と書いているけど、ひょっとして自分が思ってることを「聞き及んでいる」にすり替えてるんじゃないの?なんていうかセンズリ表現(一人でやってるのに、相手がいたような気になる錯覚表現)みたいな。すいません。ついつい取り乱しまして。残念ながら、池田氏からは1円の金も頂いておりません。

あなたのように1回書いて25万も払い、しかも20回連載契約の半金前払いという太っ腹な事件屋というのは早々いるものではないですよ。できることなら私も知り合いたかったぐらいですよ。書き屋に「太いクライアント」と言われるような事件屋さんから見れば信じられないかもしれませんが、さもありなん、という話を一つしましょう。あなたの友人というのか、同業者というのか知りませんが、東京駅のそばの八重洲に岡さんという人がいるでしょう。その道では有名な人だと後で聞きました。

この人の相談に乗って、何度か記事を書いたことがありますよ。確か浅草のホテルの不正行為のような話だった。そこに勤めていた支配人という女性の証言を基に記事を書いた。恐らく、あなただったら何らかの名目で経費を出してくれたかもしれないが、私は岡さんからは1円の金も貰ってないよ。そういう事実があったかどうか岡さんに尋ねてみればいい。尤もこの話はA氏から頼まれて、話を聞くことにしたのだが、そのA氏も直接、岡氏を知ってたわけでなく、岡氏とA氏の間に梅園秀文氏がいたらしい。梅園氏が弊紙を指名し、伝手がないのでA氏を通じての話だったようである。

岡氏と梅園氏の間に貸し借りがあったり、仕事をしていたりは知らない。それは弊紙には関係ない。弊紙を使うなら経費を弊紙に払うべきだろう。A氏も経費をもらってない。私はA氏のプラスになればと顔を立てて話を聞いたのである。私は内容によっては只働きもします。池田氏の話もA氏から聞いた。A氏こそ古い友人である。したがって池田氏からは1円の対価も受け取っていないというのが回答です。仮に出されても断るでしょう。金を貰って記事を書くということは、依頼者の言いなりにならざるを得ません。広告記事ならいざ知らず、嘘とわかってて相手を批判する記事を金をもらって書くというのは、私の性分としてできません。書くぐらいは、自分の意思で書きたいですからね。

本来、新聞社は「記事を売る」商売ですから、情報をつかんでそれを相手に買い取ってもらう、というやり方が本流なはず。プレスは「圧力」という意味でもある。不正を暴くためとはいえ、名誉棄損で年中訴えられ、検事さんや裁判官さんにお叱りを受けて25年。まだまだ頑張ります。


⑹について。
今度は「ヤナセの記事を書くにあたって」ではなく、「池田氏関連の記事を消す交渉をする件で、池田氏から対価を得ていると聞き及んでいる」のね。「聞き及んでる」という書き方は癖なのね。そんな無理に聞き及ばなくてもストレートに「対価を得てますか?」でいいのに。言っとくけど、俺は全然記事を消す交渉をしてるつもりはないよ。金をもらって、記事を消す仕事を請け負ってるなら、もっと真剣に交渉するよ。先の質問の時も言いましたが、本当に請け負ってるなら、あなたの処にもお願いに行きますよ。池田さんにとって、本当に都合が悪ければ池田さん自身が、訪ねて行くんじゃないですかね。

だいたいあなたがターゲットにしてるのは黒木でしょう?元々は「ヤナセの内紛」でしょう?黒木が社長時代にヤナセの名前を使って、あっちこっちから金を引いて、そのケツがヤナセに回ってきてるので、小野沢朋一社長が困ってあなたに相談した話でしょう。黒木を攻めたいならトコトン黒木を攻めればいい話であって、池田氏に話を振るのは、無茶振りもいいところでしょう。

池田さん自身は、今回の件では恥じるところは一切ないから、何を書かれてもいいという認識だが、写真の中には池田さん以外の人も沢山映っている。その人たちにも迷惑をかけることになる。ヤクザがいま暴力団と呼ばれ、人権も無視されるような環境だからと言って、素堅気ならともかく、昔散々世話になったような者までもが掌を返したように行動するのは如何なものか、という考えは私にもある。もちろん暴力団側にも、今日の環境を招いた責任は大いにある。⑹についての回答は、「記事を消す交渉を請け負ってもいないし、対価も受けていない」です。だから、ヤナセ記事掲載はいつ辞めてもいいんだが、あなたが質問状を送って来たりするから、答えざるを得ないし、嘘とわかっても取り下げないから、「何故だろう?」と興味が出てきたから書いてるに過ぎない、という程度です。


長文に成ったので、この続きはまたまた明日。










 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>