ゴーン氏と田中英壽氏の権力
ゴーン氏と田中英壽氏の権力

日産のゴーン会長が収入の過小申告記載で逮捕された。日産だけでなく、ルノーや三菱自動車の会長もしていたとは知らなかった。内部告発からの不正行為の摘発だったらしい。

世界の4か国に、日産の子会社に金を払わせて部屋を借りていたり、贅沢の限りを尽くし、不正流用や私的流用が明るみに出たようである。

今までは、日産の倒産危機を凌いで大どんでん返しの黒字経営の立役者と喧伝され、20年間トップに立っていた。その間に、権力に塗れ、周りをイエスマンで固め、国に出す書類さえ改ざんできる立場を形成して行ったのだろう。

あれだけの金を貰うのだから、ずっと日本で生活してるのかと思ったら、月のうち1週間しか日本には居なくて、あとは自家用ゼットで世界中を転々としていたとは驚きである。

告発者もよくぞ立ちあがってくれたと思う。この勇気が日大教職員にも欲しいねー。宮川君の勇気ある告発まで否定されたような形の、まさかの大どんでん返しの結論を、よもや警視庁が出すとは、夢にも思わなかった。

内田の職場復帰、常務の返り咲きは間違いなかろう。井ノ口の理事復帰も同じである。ゴーン会長逮捕の切っ掛けこそ、金融証券取引法違反らしいが、特捜が狙っているのは、特別背任や横領と言われている。本来なら会社に入るべき利益が、私的な利益に運用されていたのではないかという疑惑である。

取りあえず取締役会議で解任が決まったというから、返り咲きは難しかろう、というイメージではあるが、無罪となれば、当然身分の保証を求めてくる可能性もある。金銭的保障もである。

逮捕と同時に不正についての発表など手際の良さから見れば、クーデターと言われればクーデターの感もあるが、権力者の不正を暴くには、そのくらい慎重でなければ、返り討ちに遭って潰されてしまうということである。

それと大成功した一番の秘訣は、ゴーン氏が月のうち一週間しか日本に居なかったことだろう。油断と驕りである。昔から、家を空ける機会が多くなると、側近の反乱が起こるのである。

政財界のトップになれば、多かれ少なかれ法律の取り方では、アウトであったりセーフであったりするもの。ところが日本では、引退することで表沙汰にしない取引が蔓延しているのである。

お隣の韓国では、大統領までやった人でも、在任中の犯罪を常に厳しく問われるのであるが、日本では「そこまでしなくても」という風潮が大半となるのである。

しかしこれを切っ掛けに、「是は是、非は非」として、権力者の犯罪にも目を見開いて欲しいものである。ゴーン氏は瀕死の日産を救った大恩人。それでも度が過ぎれば罰せられる。

一方、田中英壽氏は可もなく不可もない日大の理事長を引き継いだだけの人。それなのに、その権力の絶大さは、世間や業界や第三者委員会までもが認めた選手に対する命令行為をひっくり返してしまったのである。

本人は数百人規模の人事異動をすると豪語してるらしいから、教職員組合は戦々恐々としているのではないか。立ち上がれなかった日大マンと立ち上がった日産マンの差が出た感じだなー。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>