週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)

週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)


和歌山県御坊市藤田町の酒類販売会社「ヤナセ」の内紛問題で、現社長の小野沢朋一が元社長黒木正博から、金を取り立てる計画で、事件屋として著名な岡村泰孝を役員に雇い入れ、その岡村が報道サイトを使って、殊更に内容を煽りたて記事を書かせていたことの顛末が見えてきた。


実際には小野沢社長が社長になる前には、黒木との間に上司として大脇という男が居たそうである。黒木はこれまた著名な男で、色んな所で名前を聞く。


弊紙で追いかけたことがないということは、所謂特殊詐欺と言われるようなことをしている男ではないのだろう。会社を食い物にしたり、乗っ取ったり、みたいなことが専門の男なのだろう。
 

小野沢が自分では太刀打ちできないと、おそらく岡村を引き入れたのだろうが、岡村もまた事件屋として著名だそうである。今風に言えば、どちらも反社である。


噂では二人とも、暴力団との繋がりがある一方、警察にも繋がりがあるという。要するに特定の警察の情報屋という意味であろう。どこまでを情報屋(S)と言うのかは知れないが、今は情報屋の側が自分の仕事に警察を利用する場合が多いから、公務員である司法警察官は、そこをしっかり間違わないで欲しいのである。


ところでヤナセの社員は、自分の会社の中で、こういうことが起きてることは知ってるの?会社の金なら、役員は好き勝手に使っていいわけ?黒木が会社に負担させた金は億を越えるらしいけど、その取り立てをする為に、名うての事件屋を役員にわざわざ入れて、また会社の金を使って、黒木をあぶり出すために、関係ない人物を登場させ虚偽を書かせ、「ヤナセ」は法律に触れないのかね。


これは小野沢朋一(黒木の部下の大脇の元部下)が依頼した岡村泰孝対黒木正博の話(取り立て)だろう。池田氏は黒木から部屋を借りてただけで、家賃もヤナセの社員に渡して、その家賃もちゃんと通帳に振り込んであって。それがわかった上で、取り立ての民事訴訟を起こしているんだろう。敗訴でも、「裁判中を理由に記事を削除しない」という作戦で。池田氏が怒って黒木を追いこむように。裁判の悪用である。


事件屋は先の先を読んで、裁判を起こすことはよくある。小野沢も借金取りの請求が嫌なら、「みなさんに借金したのは黒木です。私は訳も分からず社長を引き受けさせられました。今実情がわかりましたので辞任します」と言って、ヤナセを辞めればいいじゃないか。
 

しかし、取りあえず、あっちこっちに頭を下げとけば、良い給料が貰えるから社長を辞めないんじゃないの?それで黒木から取り立てが成功すれば一石二鳥、三鳥の儲けと思って、取り立てのプロである岡村泰孝先生に頼んだんじゃないの?

ヤナセ小野沢社長の口座には毎月振込まれている
(詳細↓click!)


 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>