【投稿】日大田中理事長と内田解雇無効の民事裁判
【投稿】日大田中理事長と内田解雇無効の民事裁判

5月に起こった日大アメフト部の危険タックル報道以来、世間を騒がせフジテレビの視聴率急上昇に貢献した前日本大学常務理事内田正人と日本大学田中英壽理事長の出来レースが予定通り進み始めている。本件の弁護士は所詮日大に雇われている1億円弁護士軍団が双方を担当するであろう。

最近の学内の話によると、内田が大里常務理事に総務部機密費から弁護士費用1,000万円を用立てるよう指示したと言われている。まだ大里は内田のしもべである。

田中理事長は半年たったら内田を戻すと公言しており、正に半年後の11月初旬に警視庁の捜査が終結し、不起訴相当との報道が成された。

警視庁にはアメフト部が存在し、日大や他大学OBがたくさん在籍しているが、一方の検察庁にはアメフトOBはおらず、警視庁の筋書き通りに進んだようだ。

この陣頭指揮に当たったのが、以前田中理事長と会食、又、危機管理学部開設祝賀パーティーに出席した国松元長官と亀井静香であるとの情報がもたらされている。

あくまでも証拠不十分での不起訴だと一般人は解釈するが、第三者委員会の最終報告書にもあったように、部員や関係者から聞き取り調査を丁寧に行い、その結果から内田前監督と井上前コーチの指示により危険タックルに及んだ。と、結論付けた。何処までも腐りきった輩の集合体である。

亀井に至っては、自身が出資し作った会社に今も妻?(子供)が役員を務める株式会社JSS(ジャパンセキュリティーサポート)なる警備清掃会社を日本大学の警備清掃に使わせ法外な契約金をせしめている。

各学部の警備清掃費が2〜3割も値上げされている事実とその資料が存在している。(次回開示)第三者委員会の最終報告書にもあったように、部員や関係者から聞き取り調査を丁寧に行い、その結果から内田前監督と井上前コーチの指示により危険タックルに及んだ。と、結論付けた。井ノ口前理事に至っては学生と親を呼び出し、日大を上げて潰すと脅迫に至り、結局は理事を辞任するに至った。

しかしながら11月14日警視庁の発表後、まだ支部長に残っていた井ノ口は息を吹き返し、ウェスティン大阪で11月18日に行われた校友大会で、井ノ口支部長解任動議が成されたが、事前の根回し工作があったようで否決されたという。

井ノ口と田中が切れていない証拠に、井ノ口の長男は、保健体育事務局勤務から辞令もないままほんの一時通信教育部に転勤となり、その後田中理事長の懐である校友会に転勤となった。

又、姉の橋本稔子社長の(株)エルフ・エージェンシーは甲子園球場の看板を外されたが、10月に人気番組、旅サラダのスポンサーにちゃっかり日本大学の宣伝を契約するに至った。

田中・内田・井ノ口・橋本の4人組はどこまでも日大から金をふんだくる共通の利益の元今後も権力死守するであろう。それにしても部に戻った学生が不憫でならない。勇気をもって自分の行為を謝罪反省し、恐喝を受けながらも記者会見に臨んだその勇気と根性に大人たちはその爪の垢でも煎じて飲めばいい。
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>