ジャーナリストの使命
ジャーナリストの使命

権力者の違法を監視することがジャーナリストの使命の中の一つであるというのであるなら、日本ではジャーナリストは育たない。

ジャーナリストであっても、先ずは生きて行くために食っていかなければならない。大手マスコミに所属すれば、食うことには困らない。しかし、大手は個人的な情報収集を許さない。

仮に政治家や大手企業トップのスキャンダラスな情報を掴んでも会社に報告する義務がある。発表するかどうかは上層部が決めるのだ。

これではいけないと、自由に発信できるフリーになると、今度は生活がやっていけない。大手にいた時のように、情報が入らない。社会からの信頼がない。やはりテレビやラジオや新聞に何らかの関係を持たなければ、相手も耳を傾けてくれないのである。

特にマスコミ業は、情報が命ではあるが、同時にスポンサーとの並立で成り立っている。「西郷どん」を見ててもわかるが、富は力のある者(勝った者)から順に分ける。庶民には残り物しか行き渡らない。

マスコミには、そういう全体的な世の中の実態を知らせる務めがあるのだろうが、政府に敵対するには勇気がいるから、追随してた方が楽と考えるマスコミがいるのも事実である。

現実に地方に行けば、役所から仕事を貰っているマスコミも沢山いて、役所の広報誌の一面を担っているのである。その方が仕事として安定する。

大手企業、大手大学、大手宗教団体、大手病院等のゴマすり、ヨイショ記事ばかりを専門記事にしているメディアも少なくない。そんな所を、マスコミとか、メディアとか、ジャーナルとか呼ぶのか知らないけど、日本では職業になってるのは事実である。

おそらく外国であっても、形態は多少異なるかもしれないけど、内容は似たり寄ったりではないか?日本は国が安定してて、外国のように大統領が変わったら国の全てが変わるというように大袈裟な変化はない。

だから多少の批判をされても、権力者がジャーナリストを殺すということはない。精々がこじつけた逮捕ぐらいである。それから考えると日本では、権力者に寄り添ったマスコミでいる方が、楽な上に安定した生活も送れるのである。

だから世界のマスコミ自由度ランキングの72位という、先進国では断トツの最下位に位置するのである。マスコミの在り方は、国の歴史、文化、伝統、国民性によって、全く違うということである。

貧しい国では、外国人を拉致して、その家族や会社から金を取る「誘拐ビジネス」犯罪というのもあるらしいが、日本では外国人を拉致して外国人の家族から金を取るという発想はあまりない。あくまでも国内で、日本国民からという発想である。

歴史的大変革が起ころうとしている時代なら、命を賭けた暴動も起こりうるが、国が安定し、衣食住がそこそこ足りれば、命を賭けてまでの暴動は怒らない。それはメディアも国民も同じである。

50年前の日大騒動は、経営人の使途不明金からの暴動であったが、同じような不正が今問われているが、今の学生は我関せずである。補助金の保留という学校始まって以来の危機的状況にも拘らず、理事長の責任追及に理事会・評議委員会・校友会・さえ動かないのである。

いつの時代であっても、何の業界であっても、その世界の中で、一線を越えたら、引退するというのが、世の常識と思うけどね。いかがか?
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>