一億円ネコババ師の大津洋三郎

一億円ネコババ師の大津洋三郎

北朝鮮国籍者とか、二重国籍者とか言われる、ネコババ師大津洋三郎が相変わらず、世の中に害悪をまき散らしているらしい。

「大津洋三郎が敬天新聞に届くはずだった1億円をネコババした」と最初に教えてくれたのは報道サイトを始める前の佐藤君の関係者だった。みずほ銀行の元行員であった及川幹雄が顧客を騙して数十億を集めたという話に派生した話である。

この及川の犯行を嗅ぎつけた胡散臭い連中が、及川を脅し、金をせびり出したのである。おそらくマッチポンプであったのだろうが、及川を脅す奴、それをバラシて記事にするぞという奴が、それぞれに分かれて各々の立場で出演し、そいうのを押さえてやるからと言って現れたのが、大津だったらしい。

当時、及川と知り合いだった佐藤君が、現金で2回に分けて、大津に渡したというのだから、間違いない話であろう。ところが、及川が被害届を出さなかったのか、最初の恐喝当事者である高尾正志(半端ジャーナリスト)が外国に逃げたから捜査ができなくなったのか、わから無いけど、今からでも事件化するべきと思うよ。

弊紙はみずほ銀行頭取に、及川の犯罪と及川を恐喝している者の実名を挙げて、教えてあげた。それはみずほ銀行の裁判にも出て来たらしいから、弊紙が知らせたことは頭取もわかっていたのである。

大津なんか、そういうことも逆に逆手に取って、揺さぶりをかけたのだろう。いま地面師事件が話題になってるが、地面師と言われる連中は不動産乗っ取りがメインであるが、時には所有者を殺したりもする。そして幾つもの事件で犯人たちは重なり合っているのである。

要するに金を騙し取るために離合集散を繰り返しているのである。だから一つの事件で取り逃がすとか、彼らの嘘を見抜けないで、不起訴で釈放してしまうということは、次の事件に協力するということでもあるのである。

特に起訴猶予とか、不起訴にした場合、逆にその件においては、「事件性はなかった」とお墨付きを与えるようなものである。本当はそういう意味ではないが、彼らには、そのような心理にしてしまうのである。

積水ハウス事件では、主犯級のミミカス小山と土井が逃げてるらしいが、この二人に警察が情報を流してたと話題になっている。これが事実なら、絶対にこの警察官を許してはならない。

事件屋と刑事が只ならぬ関係というのは、よく聞く話である。一度小遣いを貰ったり、金を借りたりしたら、もう相手のペースである。中にはビジネスの仲介をして手数料を貰う者もいると聞いたことがある。事件屋の方も話を盛って言う場合もあるから、どこまでが真実かはわからないが、そういう刑事もいるにはいるらしい。

みずほ銀行事件の及川幹雄受刑者を恐喝した側には高尾正志、大津洋三郎の他に、故本間吉、土井俶雄等がいたわけだから、この事件がきちんと捜査されていれば、或いは積水ハウス事件は成立しなかったかもしれない。本間吉事務所の役員には内田マイクもいたらしいから。

また大津洋三郎にも当時から、「毒饅頭を食わせてる警察官が何人もいるから大丈夫」という噂は常にあった。基本的に嘘つき、ほら吹きの部類だから、どこまで真実かは、わからんけどね。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>