一葉落ちて天下の秋を知る
一葉落ちて天下の秋を知る

加計学園の理事長が会見に臨んだので、いよいよ会見を開かないのは日大の田中英壽理事長だけになった。後ろ盾と言うことで言えば、総理大臣が付いてる加計学園の方が、上であろうが、学校法人の格から言えば、日大の方が100倍上である。

加計学園の場合、嘘がばれたり、総理が変わったりすれば、余力がないために、あっという間に崩壊するだろう。また崩壊しても、あまり社会に影響は与えまい。

それに比べて日大の場合は、体力もあるし、崩壊はしない。田中一派の悪事が表面化するだけである。独裁政権が長く続いた分、しばらく混乱は続くだろう。

それとスポーツが当分弱くなると思う。今は、最優先に金でいい選手を集めている(反面、スポーツで金を儲けている者がいる)が、そういう闇に光が当たり出せば、裏取引ができなくなるからである。

ところで、今人気絶好中の林修氏がテレビで、「裏入学は違反ではない」という自説を説いていたが、あれは学校が理事会で認め、点数が足りない分を寄付で補うという了承の下の裏入学を差す場合であって、弊紙が日大問題で取り上げてる裏入学とは根本的に内容が違うものである。

弊紙が日大で取り上げてる裏入学は、あくまで入学者の親から受け取った謝礼を、口を利いた教職員が個人的に懐に入れてしまったという場合の裏入学を指しているのである。

例えば井ノ口忠男元理事などは、それが表に出た実例である。本来なら、事業部の責任者になれる資格などなかったはずである。しかも最終的には理事にまでなった。理事長夫妻の鶴の一声である。その責任を誰も追及しないし、理事長自身も知らんぷりである。

今の時代は潔く責任を取ることよりも、頬かむりを決め込んで、時の経過を待って社会が忘れるのを待つのが利口者の手口のようである。

野党が寄って集っても崩せなかった加計学園の不正問題だったが、確実に「野党力」が弱っているのも事実である。一方日大問題では、その野党さえ取り上げなかった。

本来は監督官庁の文科省やスポーツ庁がもう少し出張って、指導すべきなのに、何だかね〜。国税が事業部を洗う結果を待つしかないのかね〜。秋の実りの季節だし、もうそろそろ、顔出し名前出しの実名告発があってもいい時期だけどね。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>