【投書再び】すさみ町の不可解な町有地の売却
【投書再び】すさみ町の不可解な町有地の売却

地元民から投書が多数届くようになった。
投書(click!)


町議だより平成29年9月定例会
大竹議員と上田議員の一般質問

平成29年9月定例会一般質問  大竹繁和議員


平成29年9月定例会一般質問  上田順太議員



町議だより平成30年6月定例会
上田議員の一般質問

平成30年6月定例会一般質問  上田順太議員


「すさみ町を考える会」7月下旬発行のチラシ



【敬天コメント】
すさみ町議会での上田議員と岩田町長のやり取りでは、妙に「すさみ町を語る会」のチラシを敵視したやり取りになっているが、「すさみ町を語る会」のチラシを読めば、「如何なものか?」という書き方で、説明責任の足りない町側にこそ、やはり疑惑を感じる。

それに「すさみ町を語る会」が問題視してるのは、
「町が売却した先(アスク・駒井)が4日後に太陽光発電会社に38倍の価格で土地を賃貸契約を結んでいる。売買する前の説明では、売却先は太陽光発電を経営してる会社という説明だった。知ら無かったのであれば調査不足だし、知っていたのであれば町民に対して説明不足だったのではないか?」という至極尤もな疑惑を呈しているだけではないか。

投書にもあるように、町民が疑念を呈しているとして、地元の新聞でも報じられている問題だ。町議会議員は民衆の疑問を行政に質し、町長は丁寧な説明に努めなければならない。ところが町長と議員が一緒になってチラシを罵る質疑応答に努めている。

弊紙に来ている投書では、すさみ町が売却した相手(アスク・駒井)こそ、元暴力団員で、今も暴力団に利益供与している反社な者である、と言っている。その身体検査もしないで、町有地を売却することは、町として大いに責任はあろう。

しかも、上田議員や岩田町長は飲食店で、それらの業者と食事(高額)したとも疑われているのである(過去記事投書参照)。先ずはそれが事実かどうかを町民に説明する必要はあろう。

「疑問があれば顔を出して、監査請求でも何でもすればいい。その結果、却下された話ではないか」と、岩田町長が語っているが、その却下した担当議員が上田議員というから、出来レースと誤解されるのである。

田舎の議会では誤魔化せるような話でも、他県を巻き込んだ話に発展すれば、もう少し丁寧な説明が必要であろう。


 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>