オープンハウス副社長鎌田和彦の名誉棄損裁判
オープンハウス副社長鎌田和彦の名誉棄損裁判

オープンハウスの副社長である鎌田和彦が原告となって訴訟していた裁判が結審した。名誉棄損に対する損害賠償訴訟である。

名誉棄損に当たる部分に対しては、当初から認めていることだから、それは仕方のないことであるが、問題は真実を理解して貰えてないということである。

鎌田和彦や野崎勝弘に対して、裁判所出廷を要請したが受け要れられなかった。あくまでも名誉棄損に対しての裁判であるから、鎌田や野崎の行為は別問題という認識なのであろうが、その問題に疑惑や不正を感じたから投稿者は「投書」(内部告発)したのであろうし、弊紙もそれを感じたから掲載した。その過程での名誉棄損である。

その途中、相手は裏から暴力団を通じて交渉にきた。そしてそれを弊紙が丁重に断った。名誉棄損部分は認めますが、そういう事実があったことも受け止めて下さい。その上で判断をお願いしますというのが弊紙の言い分であるが、その呼び出しに、繋がりを否定するために、野崎や鎌田が出席しないのである。

本当に頼んで居なければ、出席した上で、堂々と否定すればいい。特に鎌田は直接潮法律事務所に行ってるわけではないので、「野崎に頼んでいない」と言えるではないか。

最初は野崎のことに関しても、住所がわからないと言っていたが、居場所は弊紙が教えてあげた。野崎から頼まれたという梅園秀文は、「野崎は鎌田から頼まれたと言って、私を訪ねてきた」とハッキリ証言している。

流れから言えば間違いなくそうであろうと思われる。現に梅園に頼まれた暴力団氏に弊紙は呼び出されたのである。その場所が問題である。潮法律事務所という懲戒処分を受けた弁護士や弁護士免許剥奪者の溜まり場だったのである。

そこを運営してたのが藤本だった。藤本は金貸し法で逮捕された。藤本の会社の役員には野崎勝弘が居た。その藤本も特殊詐欺主犯で服役中の大山多賀男も過去に梅園秀文の部下だった時代もある。

鎌田和彦も野崎と学生時代からの付き合いであるし、梅園と野崎も古い付き合いである。この人間関係、人脈から、一連の犯罪の連結性とまでは言わないが、金の流れに繋がりはあるのである。弊紙記事はその繋がりの責任性を問うたものである。

鎌田に流れた金が大山の金であったことは今は認めている。しかし、暴力団を通じてもみ消しを図ったことは否定している。梅園の独り芝居であると、鎌田は言っている。そういう嘘を言うから、こちらも意地になって、真実追及がしたいのである。

名誉棄損した部分と一連の事実行為とは別問題と言うのが法律の捉え方かもしれないが、原告側には名誉棄損で訴えることで焦点をぼかすという意図もありますので、被告当事者としては、裁判所には真実がわかった上で、判断して頂きたいというのが、庶民的感情なのである。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>