オープンハウス鎌田和彦記事と潮法律事務所
オープンハウス鎌田和彦記事と潮法律事務所

弊紙は今、特殊詐欺の主犯で現在服役中の大山多賀男から金が出た会社の実質的な経営者であった鎌田和彦と、名誉棄損に対する損害賠償民事訴訟中である。

大山多賀男という稀代の特殊詐欺師から金が出て、表向きは大山の弟が社長であったが、これはあくまでも飾りであって、実質的には鎌田が社長であったことは、関係社の全てが認めてることで、そのことを記事にしてきただけである。今は本人も認めている。

一部で、レジェンドだとかカリスマだとか言われてるような経営者なんだから、「100億からの被害者(高齢者が大多数)がいるんだから、大山多賀男から会社に投資された7000万円を被害者に寄付したら如何か?」と記事にしてきた。

弊紙がこの記事を書き始めてから、鎌田は二度に渡り、関係会社を上場に成功させて、計40億近くの株式利益を得ているのだ。現在もオープンハウスという一部上場会社の副社長なのだ。その責任を問うているのである。

本人は否定しているが、記事もみ消しに暴力団が出て来た。筆者が暴力団と会った場所は詐欺師・事件師・壊れた弁護士が巣食っていた神田の潮法律事務所である。

その弁護士事務所を経営していたのは、藤本祐樹(鎌倉サイト参照)という男だった。藤本は貸金業法違反(4年間で28億貸して36億回収。8億の利益。脱税・所得税法違反もある)で逮捕されたが、寧ろ本業は特殊詐欺の実行犯たちに「使い捨て携帯」を用意する「道具屋」と呼ばれる業者として有名だったらしい。大山多賀男に道具を用意したのも藤本だという話が専らである。

鎌田の記事削除を暴力団に頼んだのは、潮法律事務所に事務所を出していた梅園秀文だった。梅園に相談に行ったのは鎌田和彦に大山多賀男を紹介した野崎勝弘である。野崎勝弘は大山の特殊詐欺が事件化した時、一時的に大山弟に代わり、「山形アビリティー」の社長を務めたこともある。

山形アビリティーも、関係会社として、当然のように大山特殊詐欺合同捜査本部から家宅捜査を受けているし、通帳も差し押さえられているのである。

鎌田が大山多賀男の会社とは知ら無かったというのは、不自然なのである。鎌田からすれば野崎は学生時代からの知り合いの「頼れる兄貴分」なのである。

その鎌田から依頼されて野崎が梅園に相談に行ったと言うことは、十分想像されるが、鎌田は依頼してないと否定してるのだ。また野崎は裁判所からの呼び出しには応じなかった。疚しいことがなければ堂々と出てきて真実を語ればいい。また野崎は藤本の会社の役員でもある。類は友を呼ぶような人間関係である。

まー、鎌田側の戦術ならそれもよかろう。裁判所では全て真実が語られるとばかり思っていたら、仲間内で敵味方に分かれて出来レースをする者、嘘を言う者、都合が悪ければ出廷しない者、人生色々なのである。

次回は藤本祐樹の犯罪(道具屋)について、詳しく書こう。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>