『人柄はその一言に現れる』
『人柄はその一言に現れる』

「人柄はその一言に現れる「」という言葉がある。ボクシングの山根会長のためにあるような言葉である。「奈良判定」が裏付けられたことで、今まで不正な判定が行われていたことが判明した。

自分で、カリスマとか、世界一の男とか、男・山根とか、聞いてる方が恥ずかしいぐらいの言葉がポンポン飛び出すのは笑えるとしても、不正な判定はひど過ぎるだろう。

よくも長い間、みんな我慢したもんだねー。外国に行っても、「自分の名前と政治力で勝たせた」というのも、冷静に判断すれば大変な事態を証言したということである。

本人は辞めたことで、責任は終わりと考えているかもしれないが、この代償はそう簡単には拭えまい。そうでなくとも、IOCは世界ボクシング連盟のガバナンス機能を疑って調査中なわけだったのに、これで益々黒い状況になったと言えよう。

しかし、本人にはその自覚は全くなさそうである。とにかく自己愛・自分ファーストの塊のような御仁である。黙って退けば、過去は問わずに改革はできたかも知れないのに、喋るだけ喋ったから、もう隠すことはできないだろう。

独裁者によくあることだが、周りが余りに煽てるから、自分が全てを作りあげたと勘違いするのである。テープ発言の中に「近大には勝たせたくない」という発言があったが、実は日大の特任教授に認定されてから「日大判定」という言葉を聞いたことがある。

最初は否定していた奈良判定も、現実には録音が出てきて証明されたわけだから、ひょっとすれば日大判定もテープが出てくる可能性も否定できない。本人は自分が辞めたと思ってるだろうが、やはり除名(永久追放)に値する所作であろう。

せっかくの高校総体に水を差してしまったが、山根氏のキャラクターもあって、一気に噴き出してよかった。一方、日大の田中理事長は卑怯にも一切表に出て来ようとしない。口下手のように言われているが、畏まって話するのが苦手というだけで、部下の前では饒舌である。

しかし、色んな話も漏れ出している。「田中理事長は入院する時、なんで赤羽中央総合病院でしょうか?」というメールが送られてきた。

それは日大病院に入院すると、その日のうちに日大中に知れ渡ってしまうから。病名によっては、クーデターを考えてる者がいるかもしれないと、独裁者は疑心暗鬼になるのである。田中夫婦の主治医は斎藤先生である。

日大では、また新たな疑惑が持ち上がった。チアリーダーの学生に対するパワハラである。こんな話も出るようになったら、全クラブを見直した方がいいだろう。田中日大の闇は根が深いのである。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>