日大執行部の反省無き報復人事

日大執行部の反省無き報復人事

日大執行部は未だに自分たちが置かれている立場を理解してないようである。教職員組合が行った記者会見に対して、石井進常務理事名で「恫喝」している。内田常務がいなくなったら、今度は石井進常務理事が人事担当を兼務したらしい。

そして今度は田中理事長辞任要求書に署名したという理由で、テニス部の竹永部長と重量挙げの半澤先生(特任教授)を解任したのである。明らかな報復人事である。

社会注視の中、こんなに明らかに報復人事って、するかい?「保健体育審議会」も、まるでロボットだね。一度解体しないと、どうにも止まらないんじゃないの?

第三者委員会も想像してたよりも踏み込んだ内容だった。ただ流石に記者からの質問は、「田中理事長の責任」を問う質問ばかりだったので、勝丸委員長も弁護士としての矜持と雇い主との狭間で、苦悩が滲み出ていた。

しかし最後まで、弁護士としての矜持を捨てなかったところは、田中理事長の個人的護衛隊になり下がってる亀ちゃん弁護士チーム(金は日本大学から出ている)に比べたら、格段に素晴らしかった。

第三者委員会も「田中理事長に説明責任はある」と言ってたが、本人はどこ吹く風だな。彼は絶対に記者会見は開かないよ。一方的に文章を読み上げるだけの会見なら、ひょっとしてあり得るけど、記者の質問には全く答えられないよ。

必ず暴力団との2ショットの質問は出るだろう。裏入学で学生を入れて金を受け取ってる質問も出るだろう。それは自分が一番わかっているから、とにかく記者会見は開けないのである。

学生のことなんか全く考えてない。教職員のことも考えてない。自分の保身だけを考えているのが田中理事長である。そこをしっかり見透かされているからこそ、アメフト関東学連の検証委員会は、秋のリーグ戦の出場停止を言い渡したのである。

あれだけ反省の機会を与え、出場するチャンスを作ってあげてたにも拘わらず、それでさえも無にしてしまったのである。運動部の責任者は自分であると言ってた大塚学長は、アメフトの学生に謝罪すると共に辞職すべきである。

その前に、第三者委員会、アメフト関東学連の結果を受けて、先ずは田中理事長の会見を公約したわけだから、それを実現すべきである。自身の会見だって必要だろう。

もう日大は、全くガバナンスが機能してないことが、世間に知れ渡ってしまった。監督官庁である文科省は、何で厳しく指導、介入しないんだい?「出処進退は本人が決めること」って言ったって、誰かが言わないと辞めるわけないじゃないか。学生が犠牲になっても気にも止めない面の皮が厚いのに。

やっぱり、国税とか、捜査機関とかが、不正の事実を掴んで追及しなければ、体制は壊せないのかねー。本当は学内外のOB有識者が立ちあがって、引導を渡すのが一番いいと思うけどね。夏休みで時間を稼ぐのかなー。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>