お金儲けは悪いことですか?
お金儲けは悪いことですか?

「お金儲けは悪いことですか?」と世間に問うたのは、村上ファンドを率いる村上世彰の言葉だった。法律の中で稼ぐことに異を唱える人はいないだろう。稼ぐ才能は抜群のようであるが、しかし、脱法行為は違法ではないのか?それを考案したのは弁護士だったという。

最近は犯罪者に溶かされる弁護士というのが多い。弁護士を目指した頃は弱い人の味方になって、世の中の役に立とうと、高い理想に燃えて弁護士業務を目指したはずなのに、その職責を忘れ、金の亡者に変身してしまった弁護士も多い。

戦後アメリカ軍が、日本人の武士道精神を壊すために実施された3S政策(セックス・スポーツ・スクリーン)が、そのまま弁護士業界にも蔓延したようである。

弁護士の不正とか、弁護士免許は持たないのに弁護士業務を行ったり、逸脱した行為をして詐欺行為をしている周辺者に対しては、鎌倉サイトが詳しいので、参考にされたがいいと思う。

とにかく日本がアメリカ並みに犯罪国家になったのは、名誉や誇りより金が一番大事という考え方が蔓延したからである。だから「金儲けがいけないことですか?」と言って開き直ったり、弁護士が「脱法であるが、違法ではない」という屁理屈をこねても、それを世間が批判しない風潮が、より金の亡者を作っているのである。

やはり、名誉や誇りの方が金よりも上の位置にある教育に戻すべきであろう。金を持ってる者が、安い徳育しか持って無くとも、媚びを売り、跪いて従う。恥ずかしい限りである。

もう一つの理由は、犯罪者に対しての罰則が軽いことである。誇りを取り戻す教育というのは、一朝一夕にできるものではないので、長い時間もかかろうが、犯罪に罰則を重くするのは、直ぐにでもできることである。直ぐにできることは、直ぐにやった方がいい。

犯罪の罰を重くすることを、誰に遠慮がいろうか。犯罪を犯して初めて犯罪者になる。犯罪を犯さなければ、誰も犯罪者ではない。罰則を重くすることを反対する者は、犯罪をしようとしてる者か、させようとしてる者か、おそらくその周辺者である。

何でもかんでも罰則を重くするべきと言ってるのではない。喫緊の課題は、世の中に蔓延している詐欺と覚せい剤(薬も含む)である。この二つの犯罪の罰則を重くするだけで、治安の乱れと犯罪を相当減らすことが可能であろう。

金儲けはいけないことじゃない。金儲けのために、人を騙したり、魂を売ったり、矜持を忘れたり、脱法行為をしたりすることが、いけないことなのである。


 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>