まだまだ続く反省無き日大田中体制の茶番劇
まだまだ続く反省無き日大田中体制の茶番劇

いやいやいや、大塚学長が「自分が日本大学の代表であり学術・スポーツの責任者であるから、会見を行っている」と世間にアピールしたが、臍が茶を沸かして、まるで漫画である。

内田よりも格下であると、色んなメディアに書かれていたが、内田どころか、一理事の井ノ口より格下という実態が証明されたようだ。

「日本大学の運動部の監督・コーチは本学の教職員でなければ認められない」というルールがあるので、OBであっても簡単には監督・コーチにはなれない、とOBの意見を反映させない方針であった。

そして急遽OB以外からの募集を始めた。これは一見、アメフト協会や関西学院や被害者親子の意見を取り入れた案のようにも見えるが、とんでもないカラクリが隠されているのである。

弊紙はこれらの監督募集については、井ノ口理事の意向が反映されていて、大学の意向は全く入ってないと、指摘してきたが、締め切りも終わってないのに、外人がアメフトグランドに現れたとテレビがニュース放映していた。

これは間違いなく井ノ口がハワイから連れてきた人物だろう。これでは全くアメフト連盟の指摘した反省は無視されているし、関西学院大学や被害者父子に対する謝罪・反省とは無縁の態度である。どこまで世間を無視した対応をするのだろう。

田中理事長だけでなく、大塚学長にしても全く大学の危機意識がないのである。あの慇懃無礼な司会者の「ブランド力は下がりません」という言葉こそ、彼らの本心ではないのか。

それにしても何で、井ノ口姉弟に田中理事長は物が言えないのか?この姉弟に優子夫人が付いてるから、怖いのか?田中理事長に「誰のお陰で理事長になれたと思ってるんだ?」と、人前で叱れる人が二人いると聞いた。

その一人は言わずと知れた優子(通称・イメルダ)夫人である。もう一人は、A氏と言われている。それは当然大塚学長でもない。ヤクザの親分は当然そのような失礼なことは言わない。亀井静香先生でさえ、そこまでは言えないだろう。

その人が理事長から離れたことが、今日の崩壊を招いたという人もいる。そういえば、JOCの理事に推薦してもらった日本加工製紙の故塩手満夫社長の秘書だった女性が日大本部に就職しているけど、冷遇されてるという話である。

それに比べて、内田は半年後には復帰させる計画だという。そんなにうまく事が運ぶかね。たった5人(田中英壽夫妻・橋本稔子・井ノ口忠男姉弟・内田正人。あの司会者等は金魚のフンみたいなもの。付け足し。)で、7000人の教職員を操っているのである。

だけど、関東学生アメフト協会の記者会見を聞いていたら、しっかり日大の悪巧み(井ノ口案)は見抜いている感じだったね。あ〜よかった。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>