日大内田は恥を知れ!宮川選手の爪の垢でも煎じて飲め

日大内田は恥を知れ!宮川選手の爪の垢でも煎じて飲め

日大アメフト選手の反則タックル問題で、被害を受けた選手が大阪府警に被害届を出したそうである。これは常務理事としての立場の内田監督の責任である。

一監督であったら、もっと対応が早かったであろう。一監督であったら、学内でも体育局のトップや理事会からも叱られ、右往左往しながらも、直ぐに謝罪を含めた事後作業に専念したことだろう。

ところが、体育事務局のトップも、理事会のトップも内田監督自身みたいなもの(実際は虎の威を借りる狐の第二位)だから、誰も意見は言わない。そうすれば、内田監督の脳で考える対応しかできなくなる。

せっかくの「危機管理防衛隊」の優秀な頭脳が活躍する場がなかったのである。そのお陰で、せっかく鳴り物入りで新設された「危機管理学部」のイメージも大幅にダウンした。

内田監督の判断の悪さが元で、これからも、色んな問題が噴出して来るのではないか?しかし、忘れていけないのは、内田監督の判断の悪さで問題が大きくなったこと。

それは何故か?である。理由は一つ。内田監督の暴走を許してしまったのは、田中英壽理事長の判断の甘さである。いつものように、ひたすら時の経過を待って、世間が忘れるのを待つ作戦である。その間、優秀な「大人の解決作戦」チームが、特殊な人脈を駆使して、相手側を説得するのである。

しかし、今度ばかりはそうもいかないようだ。昔は少なくとも、執行部に理事長支持派が10数名は居て、それなりに運営されていたが、今は側近として動くのは職員としては内田常務理事だけで、事業部として井ノ口理事の独占、橋本稔子は広報を任せられているが、日大の職員ではない。

現実には、彼らだけで執行部が運営されてる状態なので、何年か前から教職員の中に不満や鬱憤が充満している状態なのである。しかも、もうアメフト部だけの問題ではなくなってきている。マスコミも本気で田中体制を追いかけ始めたようだ。

被害届は大阪府警に出されたようだ。ただ捜査は警視庁がするらしい。日大の危機管理防衛隊の中には、元警察庁長官とか、元警視総監とかの名前もある。現役警察官が忖度するとか、気後れするとかが、ないことを願うばかりである。

田中英壽理事長がJOC副会長をしていた時、山口組トップと田中理事長の2ショット写真が外国雑誌に「ヤクザオリンピック」と揶揄され掲載されたことを、国会で質問された下村博文元文科大臣は、「私が直接調べて報告します」と言ったきり、もみ消してしまった事実がある。こういうことが、彼らを驕らせてしまっているのだ。

しかし、勇気ある学生が真実を語った。やはり弊紙が指摘した通り、内田や井上が指示していた。謝罪の仕方、責任の取り方、内田は宮川選手の爪の垢でも煎じて飲め。この選手の潔さで、大学が救われたようなものである。執行部は恥を知れ。

学生一人も守れず、それどころか、学生に罪を被せて終わらせようとして。文科省は監督官庁として指導力を発揮して、助成金を減額すべきである。そうすれば危機感を持って、教職員も声を上げるだろう。だいたい大学の職員でもない理事長夫人が大学の人事や事業に口を出すのも異常である。事業部の帳簿を見直した方がいいよ。矛盾や不条理がでてくるから。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>