オープンハウス副社長・鎌田和彦の身勝手な申し出
オープンハウス副社長・鎌田和彦の身勝手な申し出

一部上場会社であるオープンハウス(荒井正昭社長)の副社長である鎌田和彦が、特殊詐欺の主犯で服役中の大山多賀男から、出資された金で運営されていた会社(山形アビリティー)をめぐって、弊紙と名誉棄損で争ってる事案で、「裁判中は、『特殊詐欺の主犯大山多賀男から出資された・・・』と書かないでもらえないか?」という和解案(提案)が鎌田側弁護士(小川幸三主任弁護士)からなされてきた。えらい虫のいい話である。

最初は大山多賀雄男から金は出てないとか、大山多賀男が特殊詐欺の主犯とは知らなかったと言いながら、少なくとも弊紙が記事連載を始めてからは、確実にその事実を知った筈なのに、今でも被害者に弁済してないではないか。

確かに事件発覚後、会社の全株を500万円で鎌田が買い取ったのは事実だろうが、大山は小詐欺師・野崎勝弘の紹介で鎌田を紹介され、7000万円を出資しているのである。

名義上こそは大山の弟が会社の社長をしていたが、会社のスタッフは全て鎌田の仲間(実質鎌田の部下)であり、実質経営者は鎌田和彦だったのである。

その金は大山が特殊詐欺で高齢者から騙した取った金であった。初めて大山を野崎に紹介された時に、大山が特殊詐欺の主犯とは知らなかったにせよ、後日に知ることになれば、当然被害者に返すべきではないかと弊紙が訴えてる事案である。金がないなら、被害者に謝罪だけでもすべきであろう。

鎌田和彦はオープンハウスという一部上場会社の副社長でもある。説明責任もあろう。しかも鎌田は、一昨年に、関連会社が上場し、持ち株が時価相場で20億円以上に化けたのである。それでも知らんふりしてるから、「おかしくないかい?」と問うているのである。

オープンハウスという会社も、まだ上場して新しいからかもしれないけど、コンプライアンスが全く無いようである。鎌田が優秀なノウハウを持っているのが一因だろうが、火中の栗を拾うような行為を敢えてするような意味がわからない。

先日、オープンハウスに不正があるという情報が有ったので、被害者と言う人の話を聞いたら、どっちもどっちだったので、取り上げないことにした。

弊紙は、たとえ名誉棄損訴訟の敵側の情報であっても、そこに不正や不条理がなければ取り上げたりはしない。読者が「なるほど」という納得がなければ、取り上げないように心がけているのである。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>