スルガ銀行の不正融資で喰った人と喰われた人
スルガ銀行の不正融資で喰った人と喰われた人

スルガ銀行の不正融資にやっと脚光が浴びだした。遅きに失した感もあるが、それでも光が当たっただけでも、良しとすべきである。

当紙がデート商法(主演・松尾真一・監督、監修、弁護・蓮見和也)を叩いている時、デート商法被害者に安物マンションを高く売りつけていた業者に、改ざんした収入証明書で融資していたのが、スルガ銀行だった。

そのことを何度も資料付きで、記事にしたが、反社とか、ブラックジャーナルとかの、色眼鏡で見る、被害者弁護団も、当局も参考にしなかった。

もちろんスルガにも質問状を出したが、ナシのつぶてで惚けていたのである。まー、参考にする人は居て、それで被害に遭わなかった人もいたし、幾らかは回収した人もいたろうから、それはそれで何がしかの貢献にはなったから、いいのである。

しかし現実には、被害者弁護団の中からも、参考にされた方はいた。社会の悪い風潮だが、「誰が言っているのか」ではなく、「何を言っているのか」という内容に重きを置かないと、重要なものを見逃してしまう危険性があるのである。

立派な人が言っているからと、必ずしも全てが参考になるとは限らない。国税庁長官だって、総理秘書官だって、自分の都合で平気で嘘を言う時代である。

ところで、スルガ銀行の収入証明書改ざん不正融資であるが、内部に協力者がいなければ成り立たない。内部に協力者がいなければ、持ちこんだ者は詐欺として全員逮捕されるはずであるが、デート商法融資の時から現在まで、今のところ、そういうことはない。

内部の責任者ではないかと名前が上がっているのが、専務執行役員営業本部パーソナル・バンク長の麻生治雄という男である。彼だけで、1000億も熟せないだろうから、何人かの部下もいるのだろう。

支店で取り扱いが一番多かったのは、横浜東口支店ということだが、ここの支店長は、風間幸彦である。麻生と風間は、やり手コンビとして、有名だったそうである。

デート商法の時に、この実態はわかっていた筈だから、金融庁がもっと突っ込んで調べるべきだったのである。因みに消費者庁は実質デート商法を違法として認め、判明次第いつでも解約できるというように法律ができた。

裁判所にスーパーカーで通っていたデート商法の守り神だった蓮見和也弁護士は、稼ぎ頭だったソフトバンクの取り立ての仕事を失い、実弟は学校法人の経営権を失い、実刑(執行猶予付き)。しかも本人は今月20日まで、弁護士資格停止処分中である。

あれだけ、当紙が、「関東連合の真似して悪ぶったところで、貴方は弁護士の先生だから逃げられない。犯罪者は一定期間逃げおおせれば、またどこかで旗揚げしてやり直せるかもしれないけど、弁護士の先生はそれはできないから、止めなさい」と何度も諭してあげたのに、聞かないから、弁護士前科がついてしまった。これからも、ずっと見守るよ。がんばれ蓮見和也。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>