中国人の転売屋
中国人の転売屋

最近、転売目的の買い占めが流行っているらしい。人気のあるゲーム機、テレビ、化粧品、薬、オモチャ、人形等が主流らしいのだが、これらの転売を職業にしているがい者たちがいるそうである。外国人の転売屋と言えば中国人の専売特許と言われている。

日本で人気の商品は、中国に持って帰れば何倍もで売れるという。それも、観光で来た者に頼んで買わせると、免税で買えるらしいから、そういうツアーを組んで、沢山土産として買わせて、帰国してから引き取るのだそうだ。これは店側も阻止できないだろう。

問題は日本にいる中国人の転売屋である。ビザを持ってるかどうかは知らないが、昼間から堂々と車で毎日のように大型電気店に買い付けに来ている。


写真は、連日ヤマダ電機に買い付けてる転売屋である。一応大型店は、転売目的の買い物は禁止として、見つけ次第出入り禁止にしているそうである。

ヤマダ電機が知らないで売っているのか、知ってて売ってるのかは、わからない。情報提供者は、業界関係者なのか、「転売屋かどうか」一目でわかるのだそうだ。

確かに毎日同じ人間が買いに来るのもおかしいといえば、おかしい。他の量販店では、今はもうやってないそうである。商売だから、買いに来る人が誰であれ、どれだけ買って行こうが、一向に問題ないみたいだが、何が問題になるのだろうか?

勿論、何個しか発売しないとか、世界で50個限定とか言われるものなら、買い占めれば、その後転売で大儲けということも考えられるが、買い占めて売れなかったら損するわけだからねー。

それとも事前に頼まれて、買い捲っているのだろうか?ところで、買い占めて何で取り締まる必要があるんだろう?脱税とかの関係かなー?業界の秩序が壊れるという意味かなー。

人気タレントのチケットを買い占めて、「高値で転売する」するという理屈の禁止なら、何となく理解できるけどね。確か定価の3倍以上で売ってはいけないとかいう法律があったような気がしたなー。ダフ屋行為禁止条例だったかなー。

もう何十年前になるかなー、長嶋監督の「我が巨人軍は永久に不滅です」の引退式の試合の切符を人数分より何枚か多めに買って、自分らが見る分を只になるように目論んでみたのだが、結局素人故の甘さ(当時は後楽園の切符の売買は姉ヶ崎というダフ屋が仕切っていた。後楽園そのものは、住吉会の音羽会という所が仕切っていた。)で、1枚も捌けず、損をした甘酸っぱい思い出がある。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>