「李下に冠を正してしまった」安倍総理夫妻
「李下に冠を正してしまった」安倍総理夫妻

柳瀬唯夫首相秘書官が記憶にないという2015年4月2日は、愛媛県の職員や今治市の職員からすると、一生に一度巡り合ってくるかどうかの夢舞台であったろうから、生涯忘れることはない筈である。

しかも、地方の役場の職員である。上京の決定が決まってから、職場で関係先で家庭で親戚で、祝いの席が何度も繰り返されたことだろう。

当然上司からは、「一言一句聞き漏らさないで、書き留めて来い。許可が出るなら、録音もして来い」ぐらいの指示は出てるはずである。そして、帰れば、きっちりと内容を報告書にして提出している筈であろう。

また同僚は、「官邸とはどういうとこだったか?、安倍総理に会わなかったか?」とか、羨望の眼差しで尋ねたことだろう。職員は公費で出張している筈であるから、報告書だって間違いなく保管してあるのも間違いなかろう。

出席した職員だって、つらいだろう。家族の誇りとして、夢舞台の話を語りたいのに、一躍悪者扱いみたいにされて、真実も語れず、一切の禁句を命じられ、哀れである。

また柳瀬秘書官もこれだけ騒がれれば、思い出さないわけにも行かないだろうが、忘れたと言った手前、いつ思い出していいのか、タイミングも必要になってくる。

内部的には、「国家戦略特区の担当だった内閣府の藤原豊地方創生推進室次長が加計学園関係者を4〜5人連れてきたという認識だった」というようなことを述べてるらしい。

そうであっても、来客者に「首相案件」と言った事実は変わらない。安倍総理が命令したとか、指示したという事実は、森友でも加計でも出ないだろう。証拠は何もない。すべてが忖度から始まって、結果は通常では考えられない結果となって現れた。

要するに昭恵夫人が、「スモモの木の下で立ち止まって」話を聞いてしまった。その時安倍総理は、昭恵夫人が「スモモの木の下で立ち止まって話を聞いた」ことを知らず、ついつい庇ってしまった。それで疑われることになってしまった。

そこで、安倍政権を支える関係者は、すわっ一大事と、忖度せざるを得なかった。一つの嘘の辻褄を合わせるために次から次に忖度、虚偽答弁、改ざんに繋がったのであろう。

これと福田財務次官のセクハラ問題は全く別物。こういうのは、普段から山のようにある問題だろうけど、たまたま今が効果的ということで、出ただけの話。

モリ・カケ問題は、「李下に冠を正してしまった」安倍総理夫妻の道義的責任が問われても仕方がないだろう。やはり、しかるべき地位にある人は、忖度・虚偽答弁・改ざんを導くような振る舞いは避けるべきなのである。果たして、得意の外交で巻き返せるか?
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>