またまた茨城県で議員が暗躍!不可解な特養老人ホーム開設
またまた茨城県で議員が暗躍!
不可解な特養老人ホーム開設


平成20年3月、神栖市役所に老人ホームの申請に来た人物が、福祉課に出した名刺は「学校法人さいせい学園 理事 楠見和人」となっている(参考資料1)

住所地(那珂市瓜連1085−15)にそういう学校法人は存在しないと役所の職員は証言していたそうである。にも拘らず、当時の神栖市の福祉部長であった仲本守、福祉課長であった横田利秋の両名は、申請を受理したそうである。

その時点では楠見和人が出した名刺は虚偽名刺である。なるほど、その後「さいせい学園」という法人が、名刺の住所地に出来たそうであるから、裏で認可が決定していたのであろう。

通常なら、認可決定は通知が来るまで当事者にはわから無いはずである。事前に知り得るのは、神栖市の幹部か担当部署の役人か地元を選挙区にしている与党議員ぐらいである。知り得ても通常は秘密にする。当日まで口外しないことが常識である。事前に漏れたら、取り消しさえあろう。

この場合は、別の福祉法人の申請に、認可前にも拘わらず、学校法人の名前を使っている。虚偽書類での申請である。それがわかっていて受理しているのである。

普通なら、わかった時点で却下である。後日であってもはく奪でしょう。それでも知らぬ存ぜぬということは、相当強い力が働いたことが想像できる。

これは忖度というより、「誰かに頼まれて」でしょう。その頼んだ人が、どうも西條昌良県議らしいのだ。西條議員も県議議長を務めた実力者の一人で、小武平の一人だという。茨城県介護政治連盟会長も務め、社会福祉法人の理事長も務めている。

それはともかく、不正は虚偽申請だけでなないようである。申請時の審査項目の中に1事業概要、2開設趣意書、3開設場所等、4資金計画(参考資料2)とあって、全てで「まごころ会」が負けている。

しかし現実には、申請時の資産では、梅寿会側の資産総額は625万円に過ぎず、片やまごころ会側は、前年度の法人税納付額は4970万円だったそうである。どう考えても、まごころ会が有利なはずである。

1の事業者概要にしても、4の資金計画にしても、本来なら断然まごころ会が点数が高く無ければおかしいが、現実は違う。また3の開設場所という点においても、まごころ会が自社所有地であるのに比べて、梅寿会はこの時点では売買予定地(参考資料3)である。

どう考えてもまごころ会が有利な筈である。しかも、まごころ会の3300坪に対して、梅寿会は1800坪に過ぎない。約半分の敷地である。それなのに、適正な面積、事業所の立地状況、敷地の形状の全てで、梅寿会の方が点数が高い。どういう審査をしたのだろう?敷地の形状の中には、わざわざ「自己所有」かどうかも入っている。これでは最初から梅寿会ありきを、疑ってしまう。

加計学園を選定するにあたって、獣医学部においては遥かに優秀な京都産業大学を最初から排除したケースそっくりである。事業所の立地状況という点においては、もっと大きな疑惑があるようなので、次回に詳しく述べよう。

資料1


資料2


資料3
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>