レスリング伊調馨選手に対するパワハラ問題の終息

レスリング伊調馨選手に対するパワハラ問題の終息

レスリング協会が伊調馨選手に対するパワハラを認め謝罪した。先ずはいい対応であった。指導している先生方もどこまでが指導で、どこからがパワハラになるのかがわからないと思う。

同好会で楽しむことを前提にやるスポーツと、世界のトップを目指すスポーツとでは、身に着ける技術、体力は全く違ってくる。厳しさも当然違ってくる。そのどこまでが許容範囲なのか、わからなくなってくるのである。

特に結果を出してる者は、自分のやり方に間違いないと思うだろうし、選手もまたそのスタイルを信じてついていくしかないのである。

特に協会側も「世間に認められるのはオリンピックで結果を出すこと」であり、その結果を出し続けた栄監督に絶大な信頼をおかざるを得ず、指導法についても口を出せなくなって行ったのだろう。

しかし、それにも拘わらず、言い訳もせず、今回早めに協会として謝罪したことは、終息を図るには立派な対応である。反論しようと思えば、幾らでもある。

しかし、反論したところで、世間(マスコミ)の返り討ちに合うだけで、出なくていい内容を掘りくり返されるだけなのである。泥沼化するだけであろう。

福田富昭会長も馳浩元文科大臣も松浪健四郎元国会議員(現日体大理事長)も、深々と頭を下げた。この潔さを、日本人は「よし」とするのである。

福田富昭会長は日大OBである。直言居士の人物としても有名である。あの田中英壽理事長にも、歯に衣着せぬ物言いで、直言する人らしい。そういう人たちが「非は非」として認め、謝罪することが、国民には受けるのである。

本来なら、「今後協会が善処する」ことで終息するはずであるのだが、もう一つ問題が残っている。栄監督が勤める至学館大学の谷岡郁子学長の発言である。

今のままで終われば、消化不良のマスコミは、もう一波乱の出来事を願っている。栄監督の不満や谷岡学長の舌禍を待っているだろう。

二人は、表に出ないことで時の経過を待つ作戦かもしれないが、それではマスコミ(世間)が許すまい。やはり、一度は表に出て、しっかりと謝罪するしか方法はあるまい。

どんな厳しい質問にもひたすら頭を下げるべきであろう。とにかく言い訳はしない。一度はその「ショー」を見せなければ、本当の意味での終息に結び着かないないだろう。

その「ショー」を見れば、国民は「そこまでやる必要はない」とか、「もう、いいじゃないか、非を認めているんだから」と、なるだろう。特に、谷岡学長は自分から参戦したんだから、ケジメを付ける必要はあろう。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>