末期を臭わすスルガ銀行の過剰な融資
末期を臭わすスルガ銀行の過剰な融資

違法な融資を隠れて続けてきたスルガ銀行にやっと世間が注目しだした。デート商法が一世を風靡した裏には、スルガ銀行の行き過ぎた融資があった。今はそれも金融庁が監督・指導し、デート商法と判れば、いつでも解約できるようになった。

デート商法融資がなくなったら、今度はシェアハウス建設に対しての過剰な融資が問われている。おそらくもう金融機関の体を成してないのではないか?要するに街金感覚なのであろう。

地元の噂が入ってきた。地元では「スルガは潰れるらしい」との噂が広まっており、現実に乱暴な融資が始まっているらしい。適当な融資計画申し込み書を出せば、誰にでも融資するというのである。一部の不良行員がブローカーと組んで、客探しをしているという。

借り入れの条件は、紹介者が先ず無事に借り入れが成功したら融資額の20%の謝礼を貰うそうである。その他に担当してくれた行員に3%の謝礼を払うというのである。

どこの銀行でも、こういうことをするバカたれ行員がいるのも事実だが、最近のスルガの場合、金融庁からの監査・審査が頻繁で、内部にも外部にも動揺が広がっていると思われる。

今年に入ってからの融資を調べれば、この話が事実かそうでないのかが、わかろうというもの。現実にこの条件で借り入れをした人がいるという。

人の口に戸は立てられないから、内緒で進んだ事実も、いずれは馬脚を現すのである。どんな大きな組織でも、どんな固い組織でも、組織と言うのは、人の集りで形成されてるわけだから、完璧ではない。

中には、お喋りもいれば、自慢したがり屋もいる。出世や欲得のために、立場を利用するような者もいよう。一般の人は銀行は人を騙さないと思っている。だから信用して金を預けるのである。だが、実際には何年に一回か、不良行員の事件が起こる。

果たして一不良行員だけの仕業なのか、本当は上司も絡んでいるのかは、わからない。何人もの人の手を経なければ、決済できないシステムになってるわけだから、一人だけでできるかねー?とついつい疑ってしまうのである。

みずほ銀行の及川幹雄受刑者の件も、結局は個人犯罪で終わったし、及川の不正を見つけて恐喝していた高尾正志以下も、有耶無耶のままである。世の中、何が正義かわからんねー。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>