凄腕の女地上げ師(74)URとPAGの関係
凄腕の女地上げ師(74)URとPAGの関係

不動産については疎いものだからよく知ら無かったけど、南青山三丁目物件というのは有名物件だったんだね。過去には政治家が国会質問して、暴力団に脅されたという歴史もあるらしいね。

それは置いといて、先ずURが入札を募集して村上ファンドが名乗りを上げた時、「そもそも村上ファンドに入札資格があるのか?」と話題になったという。それは村上ファンドが投資家であり、不動産のエンドユーザーではなかったからという。

URはあくまで、南青山三丁目の地域に見合った商業ビルを自社で建設する会社に売却することが目標であったらしい。だから入札者の条件に「過去に2000岼幣紊侶物を3棟以上建てた実績のあること」という縛りを入れたらしい。

そこで、マンション販売で実績のあったダイナシティーグループのシティーインデックスを買って、その名前で応札し、落札したという。

吸収合併が違法でないなら、5年以内にもう一つの条件である2000屬侶て物を建てればよかった。そして、その状態なら7年後に売却してもいいと契約書に書いてある。それをPAGが守れば誰も文句を言わないのではないか?

それを何でURはハッキリと説明しないのだろう?PAGはURとの契約条件を嘲笑うかのように、突然5年の期限が切れる今年の4月24日に間に合わせるように、慌ててプレハブを建て始め出した。果たしてプレハブが、URが求めた条件の建物に合致するのだろうか?

ところでURは、何で「買戻特約」を付けたのだろう?URがシティインデックスセブンスに売却するにあたり「買戻特約」を付けるぐらいであれば、UR自身で売却を図れば良かったのではないか。

そうすればURの希望条件でなければ売らないで済むのだから。それでも売却を行ったと言う時点から、何らかの密約・利権がある可能性があるとも考えられる。

7年に延長するにしても、それまでに建物が建つことが条件である。それこそPAGから買う相手がエンドユーザーで、建物を完成させること。しかも、転売禁止という縛りがあるから、事前にURの了解も必要である。

どうやら、この「了解」という部分が、URとPAGの仲で密約されていて、それを自慢げに河合氏やマキリン女史が、周囲に吹聴していたのだろうか?

その密約のテープを聴いた者が何人か居るということなのか?、例えば部下とか、元社員とか。ところが予想外にも、全く関係ない敬天新聞が騒ぎだしたものだから、関係者が焦っているというところだろうか?

URとPAGの関係が、この青山の土地だけの関係なのか、他の土地も関係があるのかも気になってきたねー。ほかでもやっていることになれば「反復・継続」してやっている事になる。

 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>