人気と虚像
人気と虚像

NHK時代、麿という愛称で人気を博し、一時はNHKの顔になるだろうと言われていた登坂淳一アナであったが、今は落ち目の三度笠である。

品性の好い顔立ちで「公家」を想像させる雰囲気だった。それがいつの間にかテレビに出なくなったので、出世のための地方回りかなー、と思っていたら、突然のフリー宣言だった。

そして華々しく民間デビューを飾るものと思っていたら、登板前に番組降板だという。理由がNHK時代のセクハラだそうだ。傍目にはそんな素振りは微塵も見えないけど、心の奥底(本能)はやっぱり男だったんだねー。

セクハラとは「嫌らしい吐露」だろう?公には異性に対してだろうけど、最近は式守伊之助のように、同性に対してもあり得る行為だから、どっちなんだろう?

人間の目というのは不思議なもので、セクハラ男と言われれば、そのように見えてくるし、昔の公家の上品さが消えてしまうのである。まー所詮、人気というのは大衆が作り、大衆が蹴落とすものだから、仕方がないね。

その前に作家というのか、演出家というのか、講談師というのか、人気を作る人達がいる。その人達に煽られてマスコミに取り上げられる頻度が多くなり、大衆に人気が出るのである。

人気が出たら、本人の努力で長く続くこともあるし、直ぐに落ちることもある。芸人は笑いに変えたりして、うまく誤魔化して乗り切る者もいるが、麿のような真面目なイメージで売って来た人は、こういう時には、きついだろう。

不倫と言うのは基本的には、本人たちというより、その本来の伴侶に謝罪することであろうが、何故か社会に対して謝罪するショーになってしまっている。その謝罪の仕方、受け答えの仕方で、仕事が増えたり、減ったりするのである。

現実に、泣いたり、喚いたり、開き直ったり、引退したり、とその対応の仕方で、世間の声が同情的になったり、非難の山になったりするのである。

何と言っても今は、文春が不倫暴露の第一人者であるが、書き手側から一言いうとすると、その一端を見つかったら、「素直に謝罪すること」が、火の手を大きくしない一番の対処法だと思う。

だいたい、相手が疑いを告げに行った時は、その事実を掴んでいる時である。事実を認めて謝罪すれば、扱いが小さくなるかもしれない。

開き直って否定すれば、ずっと追いかけられるのである。そうすれば、別のことにも影響しよう。忘れた頃に災難はやってくるのである。


 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>