オープンハウス鎌田和彦と出廷しない野崎勝弘
オープンハウス鎌田和彦と出廷しない野崎勝弘

一部上場会社オープンハウスの副社長である鎌田和彦が名誉棄損で私を訴えてる裁判で、裁判所に証人として呼び出された野崎勝弘が、出廷しなかった。

鎌田側としては、相当な減点であろうと思っていたら、そうでもないようである。都合の悪い人間は呼び出されても応じない、と言うのも、一つの裁判手法のようである。出てきて事実をペラペラ喋られたら、鎌田も副社長として不味かったのだろう。

野崎勝弘が梅園秀文を通じて、神田の潮法律事務所(事件屋に飼われている弁護士が数人登録されていた事務所で、今は解散)で暴力団を介在して、私に鎌田の記事の削除と追及を止めるように、依頼してきたのは事実である。私は、そこに三回呼び出された。

鎌田の部下という人間が証人で出廷したが、鎌田と野崎は学生の頃からの知り合いだそうである。鎌田は慶応で野崎は青学だそうである。今では野崎も鎌田に差をつけられたようだが、経歴からいえば、野崎が兄貴分である。

野崎は反社人物として超有名な福岡勇治等と上場会社を食い物にして上場廃止にさせたことでも有名である。また野崎と梅園では、梅園が兄貴分である。梅園が暴力団周辺者というのは周知の事実である。

こういう関係から、鎌田から野崎、梅園を通じて、暴力団関係者まで繋がるのは自然の理であるが、鎌田側の裁判手法は、「そういう事実はなかった」作戦のようである。

その内容、その事実を解き明かす作戦ではなく、相手(私)の前科・前歴を強調する作戦である。私は前科・前歴を隠すつもりは毛頭ない。過去の言動も問われれば認める。

しかし今争っているのは、誰が言ってるのかではなく、誰がしたのかである。誰が記事を書いてるのかではなく、書いてある内容が正しいのか、が問われるべきである。

その内容をもみ消すために、その提起した本人を問うというのは、本末転倒であろう。これも裁判の手法であるらしい。金があれば、いくらでも裁判の手法を選べる。金がない人は、ただ淡々と真実を述べ、流れに流されるしか方法はない。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>