オープンハウス副社長鎌田和彦・成りあがりの原資
オープンハウス副社長鎌田和彦・成りあがりの原資

オレオレ詐欺や特殊詐欺の主犯や仲間、周辺者が、その犯罪収益で、ラーメン屋や居酒屋、クラブなどをやってるのは有名な話である。

昔は体を動かして稼ぐのが仕事という実感があったが、今は体は動かさないで、頭だけ使って金を稼ぐのが主流のようである。IT(意味はわからない)と言うのが、金儲けの主役になっている。

昔の大手企業と言うのは、全て物作りだった。ところが今はパソコンで数字を動かすだけとか、他人の金を動かすだけとか、詐欺と紙一重みたいな仕事が伸びているのである。

昔は、男は武骨で無口な方が理想とされた。今は、軽くて、ひょうきんで、バカっぽいのが受けるのである。そして、そのお口ペラペラの方が、金儲けも上手なのである。

鎌田和彦は一部上場会社オープンハウスの副社長である。昔の一部上場会社の副社長と言えば、それなりに尊敬され、矜持も自覚も持っていた。

だが、最近上場する会社は、イメージアアップ広告には、金を使うが、実績・内容はまるっきり伴っていないのが多い。何か一つ崩れれば、その日のうちに潰れてしまうほど脆弱である。

倫理観の基本とか基礎とか言うものを、学んでない世代が社長になってるから、そのような現象が起こるのである。鎌田和彦は、当紙が追いかける詐欺とか言う分野に籍を置いてるような本人ではない。

但し、周辺者には、そういう者はいる。いま鎌田と名誉棄損で争っているのは、争っていると言っても、最初から記事内容は認めているわけだから、争ってると言えるかどうかは、わからないが、あの特殊詐欺の主犯であった大山多賀男から金を出資してもらって、会社を経営していたのである。

だから、その出資してもらっていた7000万円を、大山の被害に遭った高齢者の方々に返すべきではないのか?と問うて来たのである。

本人もやはり疚しい気持ちがあったからこそ、野崎勝弘を通じて、私の方に示談を持ちかけて来たのである。まー野崎が勝手にやったと言えばそれまでだけどね。

野崎が相談に行ったところは、詐欺師弁護士の巣窟であった神田の潮法律事務所(解散)の中にあった梅園事務所なのである。連絡があって、そこに出向いたのは事実。

鎌田が去年上場した会社の筆頭株主で、その時価が23億円にもなると言うが、それでも被害者に払おうとしないのである。今は誰かの知恵で、その会社の全株式を買った(500万円)ので、「大山多賀男は自身の会社に投資したのであって、その会社の全株を買った自分は大山に金を払う必要はない」という解釈ではないだろうか?主張するのは勝手だからいいんじゃない?評価は世間に任せればいい。
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>