SGホールディングス上場に波紋◆愕个擦ず泙亮茲螳靴け秦』

SGホールディングス上場に波紋
覚せい剤の取り扱い運送』

「佐川急便最高幹部に献上する裏金を関連会社で捻出するためのスキームが失敗した」と言われる、佐川印刷を舞台にした巨額横領事件であるが、佐川急便に影響は必死であろう。

ただ、湯浅敬二・経理担当常務が起訴に対して、長期拘束を覚悟の徹底抗戦と言う態度を鮮明にしてるらしいから、来月上場予定と言われて準備室まで出来てるSGホールディングスの上場には、影響はないのではないか?と思っていたが、意外とそうではない話も幾つかあるらしい。

地元ではともかく、旧聞に属するので、世間では忘れられた話となっているようであるが、過去に佐川急便に天下った警察OBが中心になって、交通違反のもみ消しを継続的に行い、賄賂を贈り続け、摘発され警察OBの自殺者まで出した奈良県内で、佐川急便系列の運送屋が「覚せい剤の取り扱い運送」を専門にやっていた時期があったらしい。

一般に言う、「覚せい剤の運び屋」ではなく、覚せい剤の注文・販売の運送である。それも一つの組の誰かの注文を受けていた、と言うのではなく、不特定多数の暴力団の注文を受け付け、にっちもさっちも行かなくなり、さる親分に交通整理をお願いしたそうである。

当然莫大な整理料が約束されたという。覚せい剤の配達をビジネスにしていながら、暴対法や暴排条例が施行されたら、何事もなかったように、過去から逃げ出す汚い者が多いが、佐川急便にもそういった過去があったのである。その事案でも二人の関係者が死亡しているそうである。

こういうことも隠したまま、SGホールディングスとして上場するらしいのだが、後で問題にならないのだろうか?今は金を持てば何でも許される。社会的に発言力のある者や、政治的に力のある者、高級警察OB、検察OB弁護士、等を顧問に迎え、潤沢に金をばら撒けば、その金が汚れていようが、違反的な金であろうが、国の助成金であろうが、誰も異議を唱えられないようである。

また歌を忘れたカナリアのように、主要マスコミも寝たふりするのである。経済的には文句なしに上場する資格がありながら、永久に上場出来ない会社(資格のない会社)と自他ともに認識されていた佐川急便であったのだが、その時はハラハラドキドキでも、月日が経てば、何事もなかったように繕うのが、人間の至らないところなんだなー。

因みに、奈良佐川急便の副社長原田義男(県警OB)は詐欺容疑で逮捕されたのであるが、1年半で5000万円の裏金を作り、その中から1200万円を受け取っていたと言われ、書類送検された中野英平元警視は、焼身自殺をしているのである。

次回は佐川急便のクーデターの歴史を書いてみたい。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>