再考・茨城県政の闇
再考・茨城県政の闇

 茨城県の補助金不正受給で逮捕者が出た件で、NHK、朝日新聞、茨城新聞に告発記事を送ったが、取り上げて貰えなかったので、当紙に投書を送った件が、あまりに複雑(関係者が多い)だったので、わかりにくかったが、何回も読み解いて行くうちに、うっすらと内容が見えて来た。わかり易いチャート図を作って見たら、意外と本筋が見えてきた。

どうも一番悪いのは当時の県議会議長の飯塚秋男氏のようである。知人の鈴木章氏に社会福祉法人「桜川福祉会」を設立させ、そこに建設資金として1億円の補助金が出るように県職員の酒寄元之氏に圧力をかけ、酒寄氏は飯塚議員の頼み通り1億円の補助金をだした。

ところが、飯塚県議はその1億円を建築資金にしないで自分が流用してしまった。金を貰えなかった業者は当然、県に相談に行った。そこで困った県職員の酒寄氏は「やまびこの里福祉会」(親会社は野沢ワールド)の常務・斎藤亨氏に相談。斎藤氏は桜川福祉会を1億円で買収することを条件で、その業者への支払いを了承した。

そして子飼いの笹沼政国氏と石川利雄氏を桜川福祉会に送りこむ。そこで桜川福祉会の鈴木章氏は斎藤亨氏・笹沼政国氏の計画を知り、「自分なら2億で売る自信がある」と飯塚秋男県議に泣きついた。

ここで、自分が使ってしまった1億円を払ってくれるという奇特な人が現れたわけだから、有り難い話であるにも拘わらず、何を血迷ったか欲が出て来たのか、この1億で売却する話を、福祉部長(現副知事)の山口やちゑ女史にして、話をご破算にしてしまった。しかも、この時山口女史は鈴木氏に1億円の請求をしない旨の確約書を書かせている。県議会議長である飯塚氏に対する忖度だったのだろうか?

一方話が壊れた笹沼氏は、建築業者に一部立て替えて支払いをしていたため、この話を持って来た県職員の酒寄氏に相談(責任追及?)する。そこで架空法人を作り、そこに補助金を振り込むことで帳尻を合わせようとしたが、何故か笹沼氏だけが逮捕された。で、結局桜川福祉会もそのままで、業者には今も代金は支払われていないようである。

飯塚秋男議員が欲をかかないで、売っていれば、逮捕者も出なかっただろうし、業者の支払いは終わっていた筈である。山口副知事ももみ消し工作をせずに済んだろう。

この話の災いは全て飯塚秋男議員の欲から出た話である。と読み解いたが如何か?

チャート図(画像クリック)
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>