茨城県政の闇

茨城県政の闇

8月10日に茨城県知事選挙告示(8月27日投票)が、あるらしい。今のところ現知事の橋本昌知事の7選の可能性が高いそうである。橋本氏は、ゼネコン汚職で辞職した竹内藤男氏の後を受けて当選し、現在6期目である。

その多選弊害に風穴を開けようと挑んでいるのが、同じく自民党県連から推薦を受けてる大井川和彦氏である。地方には人材が少ないため、「東大卒、中央官僚出身」というのはA級ブランドで、一度当選すると、余程へまをやらない限り、多選になる可能性は高い。

今回も「茨城県市長会」を初め公的な団体の殆どが、早くから橋本知事推薦を打ちだしている。一方大井川氏も、まだ知名度は低いが「東大卒、中央官僚出身」である。流石にこちらは、公的な団体も含まれているが、殆どが「有志一同」に留まっている。

あと1か月しかないので、大勢に変化は少ない、という見方が多いようであるが、自民党に対する逆風は相当なものがあるので、油断は禁物であろう。

ただ地方は東京のように、「地方人の寄せ集り」ではないので、都民ファーストのような風は起こりにくい。その土地に根付いた文化・風習というものがあるので、変化を受け入れないところがある。

土建屋・産廃などの行政との癒着が多く、その接着剤になってる議員も多い。多選になると、特にこういう弊害が起こってくるのである。

敬天新聞4月号に掲載(本日の白ブログに詳しく説明・資料付き)した茨城県議と行政が絡んだ補助金詐欺事件、そしてそのもみ消し疑惑などは、橋本知事多選の弊害の一つであろう。

この内容を、NHK、朝日新聞、茨城新聞に告発したそうであるが、全く反応してもらえなかったから、当紙へ投書しました、と書いてあった。

橋本知事に対する忖度があったのか、もみ消し工作だったのかはわからぬが、実際に記事にならなかったそうである。逮捕者も出てるようであるから、補助金詐欺は間違いなくあったのであろう。

ただ事件で発表された金額と、実際の被害金額は全然違うらしい。この事件に当時の福祉部長であり、現副知事である山口やちゑ女史が絡んでることもおもしろい。

1億円補助金を不正使用したのは当時の県議会議長の飯塚秋男氏らしい。その時は、こともなくやり過ごしたかもしれないが、自民党に厳しい逆風が吹いてる今、改めて補助金詐欺の話をもみ消そうとした事実や、県から騙した1億はきちんと返されているのか、が蒸し返されたら橋本知事の7選も難しくなる可能性もある。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>