川崎競馬組合の「甘い裁定」⇔∋情

川崎競馬組合の「甘い裁定」⇔∋情

5月9日神奈川県川崎競馬組合が、杉村一樹騎手を30日間の騎乗停止処分にすることを発表した。翌日にはスポーツ新聞各紙がこれを報じた。

川崎競馬組合が公表した書面によると、「3月21日に杉村騎手から携帯電話で外部と通信していたと申述があった」「持込が禁止されている携帯電話を騎手調整室に持込み、一年以上も外部と通信していた」というのが処分の理由だとしている。

競馬に限らず競艇でも競輪でも、公営ギャンブルにおいて公正保持の原則から、外部との通信は厳しく制限されている。いうまでもなく、八百長といった重大な不正や闇社会と直結する恐れがあるからだ。

ともすれば、杉村騎手が一年以上も外部と通信していた事実だけ取っても、30日の騎乗停止だけでは、アマ〜イ処分であると思えてならない。

また、重要なのは「外部との通信」が具体的にどういった行動であったのか?また、公正保持を厳守すべく現場において何故それが可能だったのか?ということである。

その重要な部分について、川崎競馬組合は全く触れていない。発表では単純に「外部との通信」としながらも、この処分を決意するまで一ヶ月もの時間を要している。それは、裏にとんでもない事情が隠されていたからだ。

川崎競馬組合が「申述があった」としている3月21日から間も無い時期に、当紙は内部告発と思われる情報提供を受け、その情報を基に、川崎競馬組合が処分を公表する5月9日までに、質問状を二度に渡り送っている。

同時に地方競馬全国協会にも質問状を送り、騎手や調教師といった関係者に情報提供も行った。

しかも処分が発表される一ヶ月も前に、馬主会が杉村騎手に事実関係を聴取しようと呼び出した際に、「俺を干すなら、他の騎手はもっと悪いことをしているし、それを全てばらしてやる」と言って恫喝し、開き直っているという事を聞いたので、決して許してはならない言動だと思い、川崎競馬組合や地方競馬全国協会に情報提供している。

それなのに、30日の騎乗停止の処分である。これじゃ痛み分けの処分ではないかと言わざるを得ない。

この「甘い裁定」は何を意味しているのか?「他の騎手のもっと悪いこと」って何だろう?騎手の誰もが外部と通信できる状態にあったとしたら、地方競馬のみならず公営ギャンブルの根幹を揺るがす大きな問題と成るだろう。川崎競馬組合はことの重大さを知るべきである。

それから、杉村騎手から「申述」があったとしているが、本当は騙した女性に告発されたことが発端じゃない。
 

 

神奈川競馬組合へ情報提供

 

地方競馬全国協会へ情報提供

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>