【投稿】中ノ瀬誠一を野放しにした蓮見和也弁護士のツケ

【投稿】中ノ瀬誠一を野放しにした蓮見和也弁護士のツケ

過去、中ノ瀬誠一の破産処理を請負ったのが蓮見和也弁護士です。その後、自身の法律事務所(E-ジャスティス法律事務所)で雇いつつ、総会屋系譜会社(いずみ住販→フロンティア)の代表兼務を黙認していました。

又、フロンティアは松尾眞一の投資マンション商法の、営業部隊であったことは周知(被害者証言)の事実です。松尾眞一が自身の脱税裁判でフロンティアの実質経営者が自分であることを認めております。

そして、松尾眞一と中ノ瀬誠一の脱法的営業を支えていたのが、言うまでもなく蓮見和也弁護士です。それぞれが立場に沿った役割を果たし、荒稼ぎしていたのです。但し、所詮は雇われの身であり飾りの代表でしかなかった中ノ瀬誠一には、大きな不満があったと推測されます。

この度、中ノ瀬誠一は民事裁判の被告として3280万円の支払いを命じられましたが、その発端となる経緯については、遡ること2年前に貴紙ブログが詳細に報じておりました(2015年4月10日ブログ)。当該事件の判決文(現在、精査中)の内容からも、ブログ記事の正確性が認められます。

中ノ瀬誠一が賠償金を工面できるのか定かではありませんが、自分一人で被るつもりはないでしょう。

当時、中ノ瀬誠一を突き放した蓮見和也弁護士が、事の次第を知るに至り狼狽しているとも聞きます。嘗ての盟友であった松尾眞一とも、貴紙との訴訟対応をめぐって亀裂が入っていると聞きます。

破産からすくい上げた中ノ瀬誠一からさえも、意趣返しされそうな孤立無援の蓮見和也弁護士から目がはなせません。

弁護士バッチが剥がされる日も遠くないかもしれません。


【敬天コメント】
過去に何度も蓮見弁護士には、弁護士免許を持ってるような優秀な者が、不良ぶったところで、本物の不良にはなれないんだから、詐欺師連中と遊んだところで、都合悪くなればみんな逃げるけど、貴方は逃げられないんだよ、と散々教えてあげたのに、じわりじわりとボディーブローが効いてきてるなー。

乗ってる時はみんな寄ってくるけど、落ち目になり出したら、去って行くのは早いからねー。信用を積み上げるのは時間がかかるけど、信用を落とすのは一瞬だからね。嘘を言っちゃいかん。嘘を言ってもねじ伏せれるのは、時の権力者だけ。それでもしつこく追いかけられたら、嘘は負ける。


 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>