【投稿】蓮見和也弁護士の周辺者が次々ドロップアウト
【投稿】蓮見和也弁護士の周辺者が次々ドロップアウト

デート商法の松尾眞一は巨額脱税で懲役刑(執行猶予付き)。伝説の総会屋「小峰グループ」の残党、竹之内昌虎は詐欺で逮捕。元部下である中ノ瀬誠一とは仲違いの後、過去の悪行を暴露し合う泥仕合いを演じている最中です。

自身も昨年に懲戒処分を喰らい、名実ともに悪徳弁護士の仲間入りを果たしました。極め付けは、実弟の前原卓哉が『出入国管理及び難民認定法違反』(人身売買・奴隷商人)で起訴され、こちらも実刑確実とされてます。

閉鎖的な村社会である弁護士業界では、Eージャスティス法律事務所の評判はガタ落ち。有力な顧客も離れ、最大の稼ぎ元である債権回収業務も、ソフトバンクの撤退が囁かれており、事務所存続の危機にあるとされてます。

どうにかして悪評を静めようと、Eージャスティス法律事務所のHPから自らのプロフィールを削除するなど、涙ぐましい努力をしているようですが、全く効果はないようです。

そればかりか、自暴自棄の中ノ瀬の暴露で急所を突かれ、2度目の懲戒処分を飛び越え、弁護士バッチさえも危うい始末です。

過去の周辺者からは「蓮見だけが逃げ延びるのは許さない」との思いがあるようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】
へぇー、そうなんだ?ランボルギニーに乗って颯爽と裁判所に通っていたのは、今は昔というわけか?もう殆ど「デート商法」という言葉も死語になった感があるなー。

蓮見弁護士の作戦は、弟の執行猶予を勝ち取ることより、借金のチャラの方が優先ではないかと噂されているのだが、その作戦というのが、学校法人の認可はく奪の前に、学校法人ごと売りに出すことではないか、と専門家は見ているようである。

しかし、ここまで世間が周知になれば、学校法人の認可継続は難しかろう。もし認可がはく奪されれば、残された土地建物は二足三文となり、多額の借金が残ることになろう。

或いは、オーバーローンを組んでいた可能性もあったかもしれない。当紙とは未だ「デート商法が詐欺かどうか、記事が名誉棄損かどうか」で争ってる。世間ではもう答えが出てるような感じだけどね。

山本幸三議員も、まさかの大臣になったことで、これからいいこともあったろうに、実弟に足を引っ張られたんじゃ、泣くに泣けんなー。驕る平家は久しからず。
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>