米大統領トランプ砲の威力

米大統領トランプ砲の威力

不動産屋感覚丸出しのトランプが大統領になった。アメリカの大統領になったら、それなりの自覚、責任、良識も伴わなくてはならないのに、未だにツイッターで意見を発信している。その重責を理解してないのであろう。

今までの「世界に気配りしなければならない昨今のアメリカ大統領に不満なアメリカ人の声」を代弁して大統領に選ばれたので、取り敢えずはその主義を発揮しなければならないのであろう。

だが、アメリカがどんなに強い国、どんなに理想の国と言われても、世界中からノーと言われたら生き残れることはできない。どんなに強国であっても、ほどほどの常識は持たなくては、人はついてはいかないのである。

1国対1国の戦いなら、現在の世界ではアメリカが世界で一番強いのは誰もが認めるところであろう。だが、世界中を敵に回したら、流石のアメリカも、コテンパンにやられるのは目に見えている。移民の国であるアメリカは、先ず内部から崩壊しよう。

100年かけて築きあげて来たアメリカンドリームが物の見事に瓦解するだろう。総スカンを食ったら、ビジネスでも成り立たなくなろう。それでも日本はアメリカに付いて行くのだろうか?

一見強いアメリカの再来を目指しているように見えるが、単に思い付きの許認可権力を持ったビジネスマンの発想に過ぎない。慌てることも無い、焦ることも無い。世界の情勢を読むことである。

今安倍総理の人気が高いのは、韓国の約束反故に対して大使、総領事を引き揚げたことであろう。

慰安婦像も韓国が納得するまで建立させればいいよ。今60像ぐらい建ってるというから、1万体ぐらい目指せばいいんじゃないの?内政干渉はせん方がいいよ。こっちから好きと言っても、向こうが嫌いというのであれば、どうにもならんことだから。

大使、総領事も、いつまでも帰さなければいいよ。別に日本が困るわけでもないし。それより尖閣は注意。一度上陸されたら、取り返すのが大変だよ。

アメリカの混乱に乗じて中国が入り込んでくる可能性は十分にある。上陸されたら力づくでしか、取り返すことは出来ない。それを放棄したら、第二の竹島になる。

今の日本人にアルゼンチンからフォークランドを取り返したイギリス人のような勇気と行動力があるだろうか?実際に行動するのは自衛隊であるが、銃後の守りとそれを後押しする空気が国民に無ければ、安心して取り返しにも行けまい。

敵意のある外国に上陸されてしまったら、かように取り戻すという行為は実行力と労苦を伴うのである。防衛のプロであるマティス米国防長官の登場で一安心ではあるが、あくまでも上司はトランプ大統領である。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>