「ゲームカード・ジョイコHD石橋社長と遊技機開発費85億円の疑義」について
「ゲームカード・ジョイコHD石橋社長と遊技機開発費85億円の疑義」について

昨年12月に「ゲームカード・ジョイコHD石橋社長と遊技機開発費85億円の疑義」に関する記事を何本か書いたら、それなりの反響があったようで、新たな投書がきた。非常に業界に精通した、警察庁と業界の矛盾点、違法性、改革について、的確にわかり易く「事実」を書いてある。

なぜ事実であると思うかと言うと、2016年10月6日(木)に、日工組会議室で行われた日工組加盟遊技機メーカー全社(34社X各社2名+日工組ECO委員会)と警察庁専門家との会議での、古閑専門官の説明が記されているからである。

一応、無記名で書いてある(但し個人的批判は書かれてない)ので、そのまま掲載しても問題はないと思ったが、このブログを読んでもらって、了解を得た後、その投書は掲載しようと考えていますので、1月4日に「某団体所属関係者」名で出された方、素性を明かさないままで結構です。連絡を下さい。

この情報によると、警察庁としては、「双方向通信」遊技機に関しては、去年の初めから違法として日工組と合意したのではなく、歴代補佐、前任、前々任と、ずっと指摘してきたことで、「不正の疑義を拭いきれない双方向通信遊技機は好ましくない」という姿勢に変わりはなく、今後も認める気はサラサラないようである。

それを一部の企業が法的にまだ定まっていないことをいいことに、開発し続けているようである。

ECO委員会のメンバーが「近く、ECO遊技機が投入される」という噂を流しながら、一方で双方向通信遊技機を作り続ける背景は何なのか?この投書によると、ECO遊技機の枠はジョイコが独占で製造することになっていて、その部品は武本氏管理下の会社が独占的に扱う仕組みが描かれているのではないか?と疑っている。

と言うのは、ECO委員会が設計したECO遊技機は、現行の遊技機と違って特殊な構造で、専用の部品を使用する必要があり、日工組加盟メーカーで自由に開発製造できない仕組みになっているようなのである。

因みにECO遊技機の特許はSANkYOが独占して持っているらしい。なるほど。このECO遊技機違法開発と、警察庁保安課課長補佐氏と山佐社長の密会写真を、マスコミに流した者との関連が見えてきたような気がするね。

認可者を敵に回すということは、とてつもない見返りが待ってる気がするね。

今日はここまで。
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>