巷に溢れる非行弁護士
巷に溢れる非行弁護士

最近は弁護士の違法行為が顕著になっている。弁護士の使命を忘れて、詐欺師の片棒を担いだり、詐欺師に名前を使わせて過払い請求や未払い請求を請け負わせて非弁行為をしている弁護士事務所も多い。それに対して弁護士会の処分が甘いので、その横行が溢れているのだ。

その追及で名を馳せているのが「鎌倉サイト」であろう。鎌倉氏は「弁護士制度の矛盾」にまで踏み込み、詐欺に加担する弁護士、泥棒をする弁護士、暴力団の名を騙る特殊詐欺師等について、徹底的に糾弾している、庶民の味方サイトである。当紙と違って反社性風評はないので、安心して相談されるとよい。

当紙と名誉棄損で訴訟をしている、デート商法の守護神である蓮見和也弁護士などはその典型で、猫パンチアマチュアボクサーとして、颯爽と裁判所にフェラーリで乗り付け、夜は六本木、麻布辺りで、関東連合もどきの仲間たちと飲み会をする人として知られる人である。

住友銀行から日興コーディアル証券に出向していてインサイダーで逮捕され有罪になった吉岡氏の実質的弁護人も務めていて、金次成氏の証言で目論見は崩れたのである。吉岡宏芳氏の口座に諸々の箇所から100万円以上の金が1億6000万円も振り込まれている現実には踏みこんで解明はされなかった。

吉岡宏芳氏は住友銀行の行員でありながら、銀行として金を出せないような者を金氏に紹介し、金氏が金を貸していた。その中には暴力団関係者もいる。そんな一人に福岡県出身の衆議院山本幸三議員が代表取締を務める会社もあった。今は榊原康寛氏が代表を務めるブルーエコノミーという会社である。3億円を借りたまま焦げ付いているのだそうだ。そこの顧問弁護士も蓮見弁護士である。

この金氏が吉岡氏とのインサイダー事件で逮捕された時、元検事総長の名前を出して、「否認さえしていれば、元検事総長が担当検事と話を着けて起訴猶予にするから大丈夫」と鳩的立場で金氏に伝えた弁護士がいたそうである。これは犯罪の隠蔽である。それで無罪を主張していたのである。

金氏がこの事実を証言したから、カラクリはばれたようだが、誰の陰謀だったのか、真実を知りたいものである。なぜ検察は、吉岡宏芳氏のりそな銀行口座に振り込まれていた1億6000万円の内容を精査しなかったのだろうか?そうすれば、もっと簡単にインサイダーの謎は解けたはずだったのではないか。

 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>