日大田中体制の風向き
日大田中体制の風向き

フライデーが大物暴力団と有名医者との関係を記事にした。14年の実刑が確定している人物が未だ収監されていないのは、その診断書の威力にあるのではないのか?と疑っているのである。

その理由の一因として、暴力団側からの贈答品の高額さを、コンプライアンス的に問題はないのかと問うている。この診断書がお手盛りに近いのかどうかは知らないが、日本大学の田中英壽理事長が、暴力団を日大病院に紹介し、高額の謝礼を受けていた話は多くの人が認めている。中には、確実に収監を延期させるために偽造書類を作った、と証言するものまでいる。それでも今のところは、高額な危機管理プロ集団に守られて、安泰風なイメージではある。

週刊誌も色んな情報を持っているようであるが、個々に出したところで、亀ちゃんの壁に跳ね返されてしまうので、赤壁の戦いの如く、風の変わり目を待っているのである。田中理事長に対する風向きが変われば、一気呵成に雪崩討とう。

JOCの裏金疑惑から火が点くのか?舛添都知事の公私混同した公金流用から火が点くのか?暴力団との交遊、謝礼、偽造診断書から火が点くのか?裏入学斡旋大金受領疑惑から火が点くのか?許永中氏渡韓面接、暴力団との写真の真偽、事業部を通さない日大ビジネス斡旋等、疑惑は幾らでもある。

メディアこそ、この疑惑に敢然と立ち向かうべき時であるが、足が竦んで最初の一歩が出ないのである。ただ、読売新聞は陥落した。共同通信も米倉を通じて、情報は筒抜け。報道自由度世界ランク72位の日本らしい現実である。北朝鮮や中国のような報道統制を堂々と発表している国ならいざ知らず、如何にも先進国で自由の国を標榜しているような国が、72位と言うのは、恥ずかしい限りである。

残念ながら日本には、フランスのような三権分立として独立した、司法や検察は存在しない。あくまでも権力に融合した答えしか出せない機関の一員としか思えないところがある。そのくせ、外圧には弱いのである。監督官庁であるはずの文科省が、全く指導力を発揮できない。それこそ、本当の第三者機関にお願いして疑惑を調査すればいいし、もっと簡単なことは、田中理事長自身が堂々と公の場で、自らの口で疑惑に応えれば、全てが解決するのである。疑惑を全て否定してるのだから、そんな難しいことではなかろう。

ところで、在日の有名な人から聞いた話だが、日本大学の田中理事長夫婦は在日韓国人だそうである。優子姐さんがそうであることは聞いていたが、田中理事長本人も在日韓国人であることは初めて聞いた。田中理事長には100万人の日大同友のためにも、在日韓国人のためにも真実を語って欲しいものである。

投書(画像クリック)

 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>