当紙と係争中のデート商法弁護士
当紙と係争中のデート商法弁護士

当紙とデート商法記事について、真偽を争って裁判中の蓮見和也弁護士の面白い情報が入ってきた。

昨年の暮れ、上場廃止が決定したLCAホールディングスに、何と2年半前(平成25年9月4日1億円、9月10日1億5000万円。年利15%)に2億5000万円を個人で貸し付けていたのである。

しかし、8か月後(平成26年5月20日)には、そのうちの半分弱に当たる1億2000万円を債務免除したようである。この当時は、LCAと言う会社は1円株とか10円株とか言われたボロ会社で、常に債務超過で騒がれていた会社である。しかも、詐欺師として名高い福岡勇次、野崎勝弘を始め幾多の詐欺師が出入りし、問題の多い会社として、注目されていた会社である。

そんな所に、誰の紹介か知らないけど、2億5000万円も出すか?金利は年15%と記してある。担保は何だったのだろうか?しかも、8か月後に1億2000万円もの債務免除に了解している。

普通の人だったら「約束が違う」とキチガイのようになって怒り狂うと思うけど。蓮見弁護士は、そんなに大金持ちなのだろうか。会社間の金銭貸し借りなら、理解できないこともないが、個人で2億5000万円も貸付、8か月後に1億2000万円の債務免除了解は、国税調査の対象じゃないのかね。

だいたい、本当に金が動いたの?この時期LCAは、期日までに借り入れを成功させないと常に、上場廃止状況に晒されてる状況で、貸借入状況を常にIRしなければ成り立たない状況だった。それで、手数料を払って名前を借りた、ってことはないだろうなー。まさかねー。

だけど、上場廃止になる前の上場会社のIRでハッキリと書いてあるんだから、事実であろう。1年半後にLCAは廃止になるんだけど、残りの1億3000万円は回収できたのだろうか?他人事ながら気になって仕方がない。何せ裁判にも影響するからね。

この時期の蓮見弁護士はブルーエコノミー(榊原康寛社長・役員に山本幸三議員)という会社のアドバイザーをやってる頃である。ブルーから金が出た可能性もある。ブルーはこの頃著名な金貸しから、無担保で3億円も引ける関係性を持っていたからなー。

資料


資料


資料

 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>