パナソニックシステムネットワークスの大罪
パナソニックシステムネットワークスの大罪

今年は大手企業の違法や偽装が図らずも世に出てしまった 年だった。

鹿島建設、大成建設、東芝、旭化成、みずほ銀行等。大手企業の違法が発覚した時の特徴として、何が原因なのか重箱の隅まで突いて、徹底的に洗われる場合と、嘘だったのかというぐらいに、マスコミが後追いしない場合とがある。

また、会社全体の責任として追及されるのは稀で、大抵の場合、トカゲの尻尾きりで終結を迎えることは多い。

仮に会社全体と捉えられた場合でも、刑事的追及までは殆どいかない。大きな理由は裏交渉のできるような高級な弁護士を雇えることと、国策としての、「事件化(犯罪が立証されれば)になれば、国としての損失に繋がりかねない」という考えが働くのであろう。

みずほ銀行の及川幹雄行員の犯罪が正にいい例である。犯罪こそ、及川の個人的な犯罪であったかもしれないが、その舞台は銀行の本店が何度も使われている。被害者に、(高い金利を払うと言われて信用した)欲はあったにせよ、現職の銀行幹部が言う話しであるから、そこら辺のブローカー話とは違う説得力があってもおかしくないのである。

全く会社に責任がないというのであれば、何故みずほ銀行は、及川を訴えないのか?及川のために、会社としてのみずほ銀行は、相当の信用失墜をしたはずである。しかも、当紙は事件化する二年も前に、質問状で銀行役員にも知らせたのだ。その後に被害を受けた人もいると聞く。少なくとも、まったく関係ないと主張するなら、及川を訴えるべきである。

大手企業の余りに杜撰な経営方針は何とかならないものだろうか。今日の話はまた別の大手企業の話である。東芝と同じく電機会社のパイオニアであるパナソニックの話である。

我々の時代の感覚ではナショナルであり松下電器と言った方が親しみがある。名前がパナソニックシステムネットワークス株式会社というから、パナソニック系の会社の一つだろう。ここの営業チームリーダーの男が一般で言えば、間違いなく詐欺という行為をしているのであるが、何故か会社が半額だけ払って和解し、事件をうやむやにしてしまったという話しなのであるが、パナソニックではこのようなことが日常的に行われてるようだ。

決算月になると売り上げを上げるために、業者間で荷物の貸し借りや、一時的に抱いてもらって、三か月後に金利を付けて引き取るというような約束事の、つじつま合わせの細工をやるのが慣習になっているようである。そして今回ばかりは不味かったのか、流石にトカゲの尻尾きりをしたようだ。

次回に詳しく書こう。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>