北朝鮮金王朝と国民の乖離
北朝鮮金王朝と国民の乖離
 
拉致被害者の北朝鮮側の調査は一向に進まない。元より、嘘の情報を流すのは日常茶飯事だし、覚せい剤の密輸、偽札の印刷等を国を挙げてやるようなところだから、まともに話し合いが進むと考える方が甘すぎるのである。

北朝鮮の国民が可哀想だから、食料だけは制裁から外すべきだ、と尤もらしいことを言う者もいるが、直接持って行って、飢餓状態の国民に手渡しができるなら、それも少しは喜ばれよう。だが現実は、いくら「飢餓の国民に食べさせて下さい」と書いて送っても、途中で、支配している幹部連中に横取りされて、自身の小遣いにされるのが落ちで、国民の口には届かないのである。

それなら、拉致被害者家族の会の方たちが自ら言ってるように、日本独自の制裁をもっとレベルを引き上げて、怒りの態度を示すべきなのである。北朝鮮は外貨を稼ぐ手段はあまりない。日本からの仕送りは大きな資金源である。マンキョンボン号の出入り禁止を始め、一切の貿易の禁止、渡航禁止を宣言すれば、確実に影響が出よう。

北朝鮮の国民そのものも、金王朝の崩壊を望んでいる者は多い。望んでいない者は今の状態が望ましいと考えてる、今食えてる幹部連中とその家族であろう。先ずは日本国内での在日特権を止めるべきで、犯罪に聖域を作らないことや遠慮配慮を改めるべきである。

その為には捜査官配置換えも必要であろう。長い付き合いの中で、一線を越えた付き合いもあるからである。朝鮮総連の落札転売の話も、あまりに疑問の多い転売手続きであった。在日本朝鮮人総連合会中央本部ビルが、競売で落札した高松市の不動産関連会社「マルナカホールディングス」から、山形県酒田市の不動産会社「グリーンフォーリスト」に転売された。退去を迫られていた総連は、グリーン社と賃貸契約を結び、継続使用できる見通しになった。

マルナカ社は総連本部ビルを約22億円で落札した。転売額は、その2倍の約44億円である。総連の関連会社が、今回の転売の直前、所有していた都内の不動産を売却した。転売と同時に、総連本部ビルの不動産登記簿には、関連会社を権利者、グリーン社を債務者とする極度額50億円の根抵当権が仮登記された。

これは、総連の関連会社が資金を捻出し、グリーン社が本部ビルを買い取れるよう融資したということではないのか。。総連側の意に沿った行動をしたのがグリーン社と言うことである。

本部ビルが競売にかけられたのは、総連が在日朝鮮人系の信用組合から627億円もの融資を受けながら、返済しなかったことが発端だ。信組は1990年代に相次いで破綻し、破綻処理に1兆4000億の公的資金が投入された。総連は、不良債権を引き継いだ整理回収機構からの返済要請にも応じなかった。

整理回収機構が本部ビルの強制競売を申し立てたのは、法に基づいた適切な措置だった筈だ。その総連が、今後もビルに居座ることには、アンバランスである。総連側にグリーン社へ融資するだけの資金があるのなら、その分は整理回収機構への返済に充てるべきだろう。ここら辺のわがままを許されるところが、日本人から見たら在日特権に見えるのである。

マルナカ社は、落札確定当時、「総連に直接売却したり、賃貸したりすることはない」と明言していた。しかし、水面下でマルナカ社とグリーン社の取引を仲介したのは、山内俊夫・元参院議員だ。山内氏は「総連が継続使用できれば、日朝関係が進展し、国益にもかなう」と言う。何を根拠に山内氏がそう判断するのか。本部ビルが、北朝鮮の日本における大使館的な役割を果たしてきたのは事実である。

しかし、北朝鮮の日本に対する言動に親日性はいささかも感じられない。その本部維持を強く望む総連や北朝鮮側の意向が通ることが、国益に適うことだろうか。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>