続・ 弁護士と総会屋の狭間で荒稼ぎする中ノ瀬誠一

続・弁護士と総会屋の狭間で荒稼ぎする中ノ瀬誠一


「弁護士法人の運転資金で2000万円を貸してくれ」。借入を求めたのは、同弁護士法人の債権回収事業部営業推進部長の中ノ瀬誠一である。

求めた先は、自身の雇い主である弁護士から紹介された都内在中の男性だ。2000万円は大金だが、弁護士法人に貸し出すならリスクはないと判断するのは妥当だ。

そもそも、件の弁護士法人は携帯キャリアのソフトバンクモバイルの未納料金を回収する代行業務を行うなど、金回りがいいとの評判だったから尚更だ。

金を貸した男性は、短期の繋ぎ融資だから直ぐに返済があると安心していた。中ノ瀬のタカリは更に続く。同時期、大物総会屋の小峰伍郎氏(本名=小泉幸雄)から引継いだ「いずみ住販」(フロンティアに社名変更)の発行株式取得の為に300万円が必要と男性に告げる。

男性は、いずみ住販に繰越欠損金が1億5千万円累積していることから、租税対策等に利用できると考え、自分が株主になることを条件に出資を承諾した。

但し、仲介者への謝礼等の名目で、実際は450万円になった。その他諸々加えると、中ノ瀬は短期間で男性から3千数百万円を引っ張ったのである。

しかし、男性に金が戻ることはなかった。しかも、自分が株主になるはずが、何故か中ノ瀬の名義に変更されていたことも後に判明する。

男性は中ノ瀬に疑いを持ち、中ノ瀬と弁護士法人の代表弁護士を呼び出し問い詰めた。代表弁護士は「中ノ瀬が勝手にやったことだ」と、自身の関与を完全否定し、一方の中ノ瀬は素直に自分がやりましたと認めた。

結局、新たに返済合意を結ぶのだが、あっさりと反故にされ、その後の訴訟沙汰へと進むことになる。腑に落ちないのは、この代表弁護士は中ノ瀬の所業を本当に把握していなかったのかという点だ。

自身の関与を否定するならば、弁護士法人の品位と信用を著しく毀損した中ノ瀬を、刑事告発するべきではないか。現在、この弁護士は「中ノ瀬は当法人を退職して、一切関係ありません」と、開き直っているという。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>