お惚けジャーナリスト山岡君の虚構癖山岡頑張れ編
お惚けジャーナリスト山岡君の虚構癖
山岡頑張れ編


またまた暇つぶしに山岡の記事を書こう。

山岡が得意の情報通の記事がでた。「セガサミーの会長の家に、銃弾が 撃ち込まれた」という記事である。

山岡はこういう記事は得意である。情報源にこういう経済マフィアみたいな者が多いから、情報が早いのである。これらを山岡は「仲間」とは思っていない。情報源と理解しているようだ。

ところが、山岡情報源の一部(全部は知らないから)は、山岡を仲間とか配下と理解しているような節もある。

後日、山岡が書いた記事がヒットしたら、「あれは俺が書かせた」とか「あの事件は俺が仕上げた」とか吹聴する者が結構いるのだ。

こういった現象は山岡だけではない。当紙でもよく聞く話だ。有名税という奴である。

また大津洋三郎のように会ったこともない男が突然現れて「俺はよく知ってるよ。直ぐに話つくよ」とか「俺の先に、彼を抑えられる者がいるよ」とか「彼が頭の上がらない人物を知っているよ」とか言って、それを専門にビジネスにしている『詐欺師・事件師・ブローカー』の部類の雑魚が多いのである。

だから、山岡自身も被害者の部分もあるが、そういう輩と共存するような業界に身を置いてることも忘れてはいけない。

例えば大手記者に対しても、中には「あれは俺が動かしてる」とか「俺が言えば、その通りに書いてくれる」とかいう者もいるが、幾らなんでも聞いた方が、聴いた振りをしているが腹の中では「あーまた始まった」ぐらいしか思はないが、我々レベルに対しては、仕事師が場面を作って法螺吹けば、それをそのまま信じる人たちは沢山いるんだよ。

不正を掴んで、悪党と名指しすれば、相手も同じ人間だから、藁をも掴みたくなる人もいよう。そんな狭間で記事を書いてるのが我々なんだよ。君の得意な「君は反社だが、僕は反社じゃない」と声高に言ったところで、そういうのを評価するのは結局は国民の声なんだよ。表向きは警察当局になっているが。昨日まで一般市民だった人が、突然今日から「反社」に認定される可能性があるのが、今の時代なんだよ。世間の認知度とまでは言わないが、業界の常識として、「山岡の裏に大塚万吉在り」と思われている。表裏一体と思われている、と言っても過言ではない。

でも俺は何も悪いとは思はないよ。何回か二人が絡んで事件になっているが、その都度、山岡は守られている。1年前ぐらいの事件では大塚万吉は5回ぐらい再逮捕され、女性事務員まで逮捕されながら、山岡を逮捕させなかった。この大塚万吉の信念は見事である。なかなか真似できるものではない。こういう所は分業がしっかりしているからである。山岡が「自分は記事を書いてるだけで、何も知らない」という所以である。(多分に想像はつくと思うが)裏で何が進行しているかを知らないのも事実なのだろう。

それにしても山岡俊介と大塚万吉の絆は強い。素晴らしいことではないか。やはり自己満足のような記事を書いてるだけでは食っていけない。有名ブログにはそれなりにファンが居たり、スポンサーが居たり、陰の指南役が居たりする。中には物を売ったり、広告で食べてる人もいようが、みな一様に大変であると思う。

そんな中で、みな頑張っているのだから、他人の記事にとやかく言うのは、いずれ自分の首を絞めることにもなろう。利害が相反する場合やプロパガンダとしての使命を持っていれば仕方がなかろうが。

まー、世の中敵が半分味方が半分どうでもいいのがまた半分ということだから、あまり気にするところもないけどね。

ところで、山岡と報道サイトの裁判で山岡の代理人をしている弁護士は、本来警察権力の不正を正面から問い続けている寺澤有という人の弁護士さんらしいな。

あの人は立派だよ。我々だったら、あそこまで堂々と警察の組織を叩けない。やはり権力の最たるものを行使できる組織なわけだから、余程の品行方正か人生を賭けた信念を持ってなければ、あそこまで戦えない。権力がその気になれば、左側を歩いたとか、立ち小便したぐらいでも逮捕することはできる。

そんな人の代理人を受けてくれるような人なら、固い決意が無ければ務まらないだろう。そんな立派な弁護士さんに、協力してもらってるのに、「敬天の社主は自宅放火の首謀者である」とか、濡れ衣もいいところの全くの嘘話を創って話するなよ。弁護士さんも生涯痛恨のミスを犯すことになるじゃないか。バカな男だなー。友達の弁護士まで疵つけて。

放火についてお前の言い分、証拠、聴いた話、何でもいいから書いてみな。全部答えてやるから。そこら辺で仲間に喋るのは推測の域を出ない話でも構わないが、世間に公表したり、公務所に書類を出すという時は、それに伴う裏付けも一緒に提出しなければ、反撃されるのは当然であろう。お前もジャーナリストを自称するなら、最低でもそのくらいの常識を持たないと。

因みに俺はジャーナリストと自称してないから、時々間違いを指摘されて、直ぐに訂正したり、謝罪したりする大きな気持ちを持っている。謝罪しても納得してくれない人には、時に開き直ったりもするがね。人間だから。俺がそんな重大で卑劣な犯罪を犯していたら、堂々と表で言論など主張できないよ。いつばれるか冷や冷やしながら、正論(と思ってる話)を語れるか?

お前も間違ってたら、謝罪する勇気を持たないと。人間だから誰にでも間違いはあるよ。あの朝日新聞だって、慰安婦問題の間違いを認めただろう?ジャーナリズムには潔さも必要なんだよ。放火の件はお前が裁判所に出したことなので、放っとくわけにはいかんので、白黒を付けるために、訴えざるを得ないけど、俺は結構お前の隠れファンなんだよ。

時々、思い出して腹が立ったらまた書くが、健闘を祈る。頑張れ。
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>