みずほ銀行元行員及川幹雄を追い詰める週刊報道サイト

みずほ銀行元行員及川幹雄を追い詰める週刊報道サイト


みずほ銀行元幹部行員及川幹雄の不正資金集めが、ようやく事件化になりそうである。被害届けが受理されたそうだ。

この件では当紙は門外漢だったが、いつの間にか名前だけ使われ、使った男達は2億以上の金を手にしたというから、やり手と言えばやり手である。

そこからが当紙の本領発揮で、まさかと思いながらも、そのネコババ男達を追及し始めたら、何と自分の手で、お金を運んで手渡したという者まで現れ、事実と確信するに至ったわけである。

そのネコババ男の名前は大津洋三郎。北朝鮮出身らしいが、日本の戸籍を二つ持つらしい。今の日本でこのような事が可能かどうか知らないが、とにかく詐欺に詳しい男らしい。

当紙は大津のことをそれまで全く知らなかったが、実は知る人ぞ知るビッグネームで、横井英樹の遺産を全て横取りした男らしく、仕事でライバルになると、事件をでっち上げ逮捕までさせるような手法も使うらしい。

こんな犯罪者に利用される司法警察官も情けないが。この男とチングを組み、恐喝、詐欺、マスコミ対策、当局対策を指導してるのが、高尾正志という週刊誌上がりのライターらしい。

こいつらの悪事伝説は週刊報道サイトに詳しく掲載されている。何故及川事件に関しては報道サイトが詳しいかというと、ここの代表である佐藤昇氏が及川に直接頼まれ、動いていた次期があったらしいのだ。しかも被害者の一人でもあるらしい。それで、被害者を集め集団訴訟の中心になって動いている。

しかし、今回被害届が受理されたのはこれとは別で、田邉勝巳弁護士が代理人となった被害者のようである。この及川の被害者で特徴的なのは、みずほ銀行の大口優良顧客情報を盗み見たのか、大金持ちが多いことである。

コーセー創業者は100億(報道サイト報道。当紙では10億と報道←参照記事)、神内由美子(プロミスの創業者長男元夫人← 参照記事)女史は20億、武富士創業者夫人である武井博子女史は5億の被害(←参照記事)に遭っているというが、被害届はでていないそうである。

コーセーの被害者を及川に繋いだのは、何と日本大学の新人事で理事になった理工学部事務局長の加藤和英だという。加藤は相当な謝礼を及川から貰った可能性が高い。(←参照記事 )

何故なら神内女史を及川に紹介した秋山美樹という女が、紹介料を相当貰ったと、今報道サイトに追及されているからである。(←参照記事)

また神内女史の件では新井貴亮という男が神内女史から数億引っ張る一方で、「敬天さえ押さえれば、もっと客を紹介できる」と大津のような真似をして、5000万円を及川から騙し取ったという話も出ている。

及川詐欺事件では週刊報道サイトが一番詳しい。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>