当紙を巻き込んだ大成建設多田博是副社長の強要事件のその後〜前編

当紙を巻き込んだ大成建設多田博是副社長の強要事件のその後〜前編


大成建設副社長の多田博是氏が東京医科大副学長飯森真善雄氏に対する「強要」事件は「嫌疑不十分」で決着したようである。

あの文春の記事から見ると、どうみても大成側の犯罪が成立するような雰囲気だったが、「講釈師見てきたような・・・」部類の記事だったのだろうか。

それにしてもテープに録音されていれば、十分証拠として「脅迫」や「強要」になりそうなものだが、大成の副社長ぐらいになると海外にも影響するということで、捜査本部の大人の判断で「痛み分け」ぐらいで終わらせたということだろうか。

飯森氏の方も用意周到といえば、用意周到と言えなくもないが、あれだけ脅されれば、誰でもテープぐらい用意するよな。絵を描いたのは水町クリニックの水町氏で飯森氏側から仕掛けたという根強い噂があるのも事実だ。

それにしても、大会社でも脅しの文句や手法というのは、そこらへんのチンピラとあまり変わらないんだなー。あんな形で何十億という契約が決まっていくとは知らなかった。あれでは頭のいい暴力団(経済ヤクザと言われている集団)に出会ったら、一溜りもないな。

ところで、当紙からの質問状に対して、大成の副社長は「敬天の名前は使っていない」と回答してきたが、そうなれば文春の記事は全くデタラメということになる。その割には文春を名誉毀損で訴えたという情報は今のところない。捜査が一段落したこれから反撃するのだろうか。

もし文春を「事実無根」として訴えたら、またしばらく様子を見なければ先は見えない。大成がこのまま文春を訴えなかったら、当紙への回答は嘘だった可能性が大であろう。いずれにしても、当紙の名前を使われたのは事実である。

結果は暴露されることで未遂に終ったが、文春の暴露が無ければ500億の契約が成立した可能性はある。その一翼を当紙が担った可能性もあったのだ。当紙が知らないうちに。

成立していれば、当然配当があってしかるべきだが、成立しなかったので配当は請求できない。ただ無断で名前を使った「使用料」ぐらいは請求できるのかな?いやいや、「使用料」を請求すると恐喝と言いかねられないので、大成の道義的コンプライアンスを問うことにしよう。

ちょっとニュアンスは違うが、みずほ銀行幹部行員だった及川幹雄から敬天対策を頼まれ全くこちらが知らないうちに金をネコババした北朝鮮籍犯罪者、大津洋三郎(おおつひろさぶろう)の行為と似たような感もある。

大津洋三郎は実際に1億6500万円を及川幹雄から受け取っているのに対し、大成は名前を使っただけだが、その目的達成の暁には500億の契約である。

大津のような詐欺師と同列に扱われたのでは大成も心外であろうが、勝手に使われた当紙はもっと心外である。まーじっくり、警視庁が謎解きできなかった(謎解き出来たが、敢えて答えを出さなかったかもしれない)謎を、当紙が解明することにしましょう。

正気塾が奈良まで行って、汗を流しているのに、黙って見ているわけにはいかんでしょう。〜続く
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>