旧商工ファンドSFCG大島健伸の実質無罪判決で問われる正義なき司法判断

旧商工ファンドSFCG大島健伸の実質無罪判決で問われる正義なき司法判断


安愚楽牧場詐欺事件と商工ファンド詐欺事件だけは、どう考えてもおかしな判決である。安愚楽牧場の金集めは、過去に詐欺と認定された「和牛商法」と全く遜色のない和牛商法だった。

本来はあそこでアウトにしなければならない商法だったのに、一社だけ生き残ったため、逆に国が「優良」という認可を与えたような印象さえ受けた。

被害額は4000億円である。長く自転車操業だったことは広く知られていたことであるし、虚偽の説明をしながら会員から金を集めていたこともわかっている。

倒産前には、牛を担保に高利貸しにまで金を借りていたという話もある。要は長く経営したことが刑を軽くすることに繋がったようである。

集めた金を実業に使ってきたという判定なのだろう。これだけ集めたのだから、どこかに金を隠していないのか。被害者の中には、なけなしの金を投資して自殺した者もいたんじゃないのかね。これで執行猶予じゃなー。

商工ファンドの倒産前の財産隠しもひどかった。こちらも実質無罪である。社長の財産隠しに隠れて目立たなかったが、社員の背任横領もひどかった。いくつか事例をあげて、記事にしたが、管財人もマスコミも知らんふりだった。

【参照記事】
『SFCG元会長に実質無罪判決 正義なき判決と法匪とカネの亡者のコラボレーション』 鎌倉 九郎

商工ファンドの資産隠し競売のカラクリについては当紙サイトの「MSは見た」で詳しく解説もあって、一部では支持されてるようだが、関係者がお互いに毒饅頭を食ってる関係上、有罪にできなかったということらしい。

中には殺人事件に発展するような競売にも絡んでいると書いてある。ある程度、断定的な証拠がなければあそこまでは書けないだろう。

民主党政権は清貧というイメージがあったが、現実には金塗れの議員は多かったし、検察の制度と正義を著しく歪めた感がある。

それに最近多いのが、弁護士の不正である。特殊詐欺の裏には金で買われた「共同正犯」と言っていいような存在の弁護士がいる。まるで仲間か手下である。

非弁提携や名義貸しが可愛く見えるくらい悪質な弁護士もいる。そろそろ代表的な悪徳弁護士を2,3人逮捕して一罰百回の警鐘を鳴らす時期ではないだろうか。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>