【投書】北里大学の懲戒処分は不公平で、生ぬるいです

【投書】北里大学の懲戒処分は不公平で、生ぬるいです


敬天新聞社
社主 白倉康夫 様

昨年11月、看護学部教授、小林奈美が所属研究室の教員に対しパワーハラスメントをしたとして諭旨退職処分になりました。

↑公示 学校法人北里研究所「懲戒処分」

添付の公示は、その時のものです。この文面には「職員に対し、適切な手段態様での業務指導を超える執拗な叱責を繰り返し、退職を勧奨する等雇用についての不安を与える等、体調不良状態に貶め、人格と尊厳を侵害する言動を行った」とあります。

貴紙では3回取り上げていただいた理学部事務長 渡辺政茂のパワハラは、小林と同様です。昨年6月、渡辺のパワハラ事案について人権侵害防止委員会が発した文書にも「業務指導において、多数の部下のいるなかでの声高で執拗な叱責により、複数の部下を体調不良に追いやった」とあります。それなのに、渡辺は処分されず、左遷で済まされています。

↑人権侵害委員会「厳重注意」について

この他にも納得できない事案があります。

昨年10月、医学部助教が大学病院の病室に盗撮カメラを仕掛けたことが発覚し、懲戒解雇になりました。この時の公示には「1セクシャルハラスメント等の人権侵害行為、2刑事上の罪に触れる行為」とあります。

↑公示 学校法人北里研究所「懲戒処分」

埼玉県北本市にある北里研究所メディカルセンター病院用度課長補佐 渡部幸雄が病院女子職員にした行為は、セクハラであり、強制わいせつ罪が成立し得る行為です。渡部も処分されず、懲戒にはあたらない降格、左遷で済まされています。

何故、渡辺、渡部は処分されないのでしょうか。二人は全く反省していません。ただちに懲戒処分にすべきです。渡辺、渡部に人権を侵害された職員たちは、執行部に対し不信、不満を抱いています。

昨年7月、大学病院の医務職員が交通死亡事故を起こしました。この件について執行部は、刑の執行が猶予されており、被害者遺族に対し謝罪の努力を重ねているとの理由により、1週間の出勤停止処分としました。

↑公示 学校法人北里研究所「懲戒処分」

命を救う医療に携わる人間が尊い命を奪ったにもかかわらず、その人間を厳しく断罪しない執行部に「生命科学の総合大学」を運営する資格はないのではないでしょうか。


どうか公平かつ公正な裁定が行われるよう、貴紙のお力添えをお願いいたします。


平成26年2月5日
北里大学理学部
北里研究所メディカルセンター病院
職員一同
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>