及川幹雄氏から大津洋三郎氏への金の流れ。佐藤昇氏が真相を吐露

及川幹雄氏から大津洋三郎氏への金の流れ。佐藤昇氏が真相を吐露


やはりみずほ銀行の及川幹雄氏を通じて大津洋三郎氏に金が流れたのは事実のようだ。金の流れという物は渡す人がいて、受け取る人がいる。金が独りで歩くわけではない。

まー相手を陥れる、と言うこともあるので、取材したことをありのまま書くことにするから、取り敢えずの判断は読者にお任せしたい。

先日までの記事で「S」と表現していた人物の名前がわかったので、そのS氏に連絡を取ってみたら、詳しい話が聞けた。

S氏は佐藤昇と言って、本職は金融関係の仕事をやってるそうで、週刊報道特集というサイトの代表も勤めているそうである。その佐藤氏の証言を紹介する。

質問1 及川氏から頼まれてお金を大津氏に運んだ時期は?

。渦麑棔(神24年1月上旬 1億500万円  

週間文春中西、国際新聞、敬天、他、対策費として

■臆麑棔。鰻邁悉棔 。雲號円    

週刊文春中西の追求が止まった謝礼

3回目 3月  5千万円

(偶然かも知れませんが敬天か国際新聞の追求が止まっていた時期ではないか?と指摘しています)


´△麓分(佐藤氏)が及川氏から頼まれて運んだので、大津氏に渡ったのは間違いない。

・この受け取る理由であるが、「自分(大津)が高尾昌司(本名、正志)に1億500万円を貸している。その債権を買ってくれるように及川に言ってくれ」と言われたそうで、その理由で持って現金を大津氏に運んだそうだ。

及川氏は大津氏の債権を買う理由などないわけだから、業師の大津氏にしてみれば、この事件がめくれた時の対策だったのだろう。

佐藤氏は別途高尾氏との貸借があって、高尾氏を破産に追い込んだようだ。

は、佐藤氏が及川氏から聞いた話だそうだ。及川氏の不正を最初に見つけ、及川氏を食いだしたのは高尾昌司(本名、正志)氏だったようだ。それを事件屋が嗅ぎ付けまた食いだした。

そこで及川氏は高尾氏に事件屋の排除を依頼。そしたら「それなら、Aがいい」とここで暴力団を紹介した。Aは及川氏に1億4000万円の融資を相談したそうだ。

ここで及川氏は「みずほ銀行の社員である自分が直接暴力団に融資するのはまずい」と思い、知り合いであった佐藤氏に相談し、佐藤氏の会社から貸したことにしてくれと言って1億4000万円を現金で渡したそうである。

佐藤氏も一度はその話を受けたものの、暴排条例が厳しくなってきていた時期でもあり、「これは不味い」と思って次の日及川氏に現金を返しに行ったそうである。それで結局、お詫び料という形でAに300万円届けたそうである。

そういう事情は全く知らなかったが、私が記事を書きだした。また国際新聞も別ルートで質問状を出し、トラブルに巻き込まれていた。

それで佐藤氏が大津洋三郎氏に相談したそうだ。大津氏の使命は騒いでいる者の静止だったようだが、そこで一計を案じネコババして、知らんぷりだったようだ。

こんな話も出た。佐藤氏がサハダイヤモンドの株で儲かったという話を及川氏にしたら、及川氏が1億ほど金に余裕があるからといって、約1億2500万円分のサハダイヤモンド株の購入を佐藤氏に依頼してきたそうである。

その後、佐藤氏は何かをきっかけに及川氏と縁を切ろうと思い、及川氏から任されていたサハダイヤモンド株を換金して及川氏に返金したそうだ。

結果的に換金した時にはサハダイヤモンドの株は下がっており、5500万円位になっていたので、及川氏は約7000万円の損になる。

その時のお金を再度5000万円大津氏に取られたと及川氏は言っていたそうである。これがの5000万円なのだろう。

ここで疑惑を持ったので尋ねた。「何で株でそのまま返さないで、半分以下に下がっているのにわざわざ換金して返したのか?サハ株は偽造株券が出回ってる噂もあった。本当は買ってなくて、差額をピンハネしただけじゃないのか?」と。

そしたら「自分の名前で買っていたので、自分が売るしかなかった」というのが答えだった。もう一つ質問した。

質問2 「これだけ深く関与してて、あなた自身は金を貰ってないのか」と尋ねたら

佐藤氏の回答

・及川氏から暴力団への利益供与を頼まれたことを切っ掛けに、及川氏の相談係となり親密になった。自分は「ミリオントラスト」という金融業者をやっているので、みずほ銀行と暴力団の仲介をした。

週刊新潮の「みずほ銀行が暴力団に利益供与していた」という記事の中に出てくる「とある金融業者」とは自分のことです。

・それから、文春の中西氏の取材について及川氏から相談され、大津氏に話を持って行った。佐藤氏は大津氏から中西氏を行かせると事前に知らされていたそうである。と言うことは佐藤氏と大津氏は元は仲間?

・この大津氏の件で佐藤氏が謝礼を貰っていないのは、真珠宮ビルの整理資金として25億円を足がつかない方法で用意してくれるという及川氏の話を信じて、これまで及川氏の相談にのり動いてあげていたそうである。結局25億円は嘘で終わり、ただ働きだったそうである。

これより以前に及川氏は高尾昌司氏に4000万円取られ困っていたそうである。これらの内容は全て当局、金融庁、新潮記者にも話てあるそうだ。

12月3日午前10時より東京地裁で被害者がみずほ銀行と元行員である及川氏個人を訴えてる裁判を傍聴した。 及川氏は来てないし、みずほはあくまでもは及川氏個人の責任という姿勢らしい。

それならみずほ銀行は及川氏を訴えればいいものを、今のところ訴えていないようだ。及川氏自身は「みずほは私を絶対に訴えられない。私はそれだけの秘密を握っている」豪語しているそうだ。

ここまで言われて事件化できないなら、金融庁が乗り出して、強引に事件化して過去も含めた膿を出すしかないんじゃないの?

因みに裁判にはNHKも傍聴にきていたそうで、佐藤氏に取材していたそうである。事件がめくれる日も近いのかな。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>