【投書】北里大学病院血液内科、突然の外来診療休診の訳

【投書】北里大学病院血液内科、突然の外来診療休診の訳


敬天新聞社 御中

今年3月、それまで隠ぺいしてきた本学医学部における公的研究費の不正利用が新聞にすっぱ抜かれ、それを知った文科省は激怒し、本学の運営に不可欠な補助金の支給が停止されて執行部は右往左往したのですが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」で、またしても不祥事を隠ぺいしようとしてます。

今回隠ぺいしようとしている不祥事とは、神奈川県相模原市の大学病院本院の血液内科で起きた医療死亡事故です。

事故の内容は、研修医が患者のリンパを処置していたところ、動脈を傷つけ、出血多量で死亡させたというのです。

この事故を起こした血液内科の主任教授は、医学部長でもあり、事故処理に専念するため、外来の診療は休診としました。

↑ホームページ上のお知らせ

血液内科を設けている病院は少なく、外来を休診にすると多くの血液疾患の患者が困るのは必然であります。

診療にあたっては細心の注意を払ってミスを避けなければなりません。しかし、100%ミスを起こさないということは不可能です。

この世にミスをしたことがない医師はいません。ミスは最小限にとどめなければなりません。そして、ミスが起きた時は以後同様のことが起きないよう原因を追究しなければなりません。

それが医道の常道であるにもかかわらず本学は隠ぺいしてうやむやにしようとしています。亡くなった患者の遺族は病院に対して強い不信感を抱いており、憤慨しています。

現在の北里大学病院には海野院長をはじめとして技量の低い医者ばかり集っているため、事故は頻発しています。そのため今回の事故が露呈すると過去に発生した事故も露呈すると恐れ隠ぺいに躍起になっています。

このような倫理観の欠けた大学においてまともな医者を育て上げることはできません。亡くなった患者のためにも、我が国の医療のためにも、この忌まわしい事件を貴紙において取り上げていただき、社会に訴えいただきたくお願い申し上げます。

北里大学病院医療職

投書原文

敬天コメント


この投書を見れば、事実の隠ぺいがわかり文科相が激怒し、補助金がストップしたと書いてある。 担当当局はこのくらい強い指導をして当たり前である。

北里大学に対してこれだけ強い指導力を見せれるのなら、何故日本大学にも強い指導力を見せないのか。下村大臣このまま指導しないのであれば「大臣の怠慢」と言われますよ。担当部署にしっかり調査させて下さい。

学校法人でありながら明らかに利益を上げることを目的とした「(株)事業部」を作り、しかも背任、横領に当たる行為を堂々と理事長公認で部外者にやらせていますし、理事長夫人が学内の人事、営業に口を出しています。

いま国民あげて暴力団との決別を目標に暴排条例も施行されました。暴力団との交遊が田中理事長より深い学校法人理事長はいないでしょう。

暴力団との大相撲疑惑が起きた時、色んな処分者が出ましたが、その中でも日大OBがダントツに多かった。本来元凶は田中理事長だったのです。一部週刊誌では書いたところもありましたが、大きなうねりにはならなかった。

保釈延長偽造書類は誰が、誰のために作り、誰の手を経て、法務省更正局に届けられたのか。調べる価値はあると思う。

「反社の敬天」という色眼鏡でばかり見ていると「郷源の徳は賊なり」という、本質を見失うことになりますよ。なーんちゃって。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>