呪われた土地、京都の武富士物件を、楽天とオリックスが年末年始に!?

呪われた土地、京都の武富士物件を、楽天とオリックスが年末年始に!?


投稿者=日本の京都を荒らすな!

「呪われた土地」と地元で恐れられる、京都武富士の土地に「楽天&オリックス」がタッグを組んで、年末年始にも売却を目論んでいるとの情報が入った。

武富士は最近CMも流し始め、ようやく民事再生後、本格的に営業を開始したようだが、「問題のお荷物」であった、京都の3物件だけが、未だにエンドユーザーが決まっていない。

京都駅前の約3000坪の土地や、四条河原町高島屋の隣の約2200坪の土地などは、京都では「これほどの一等地で大きな土地は無い。」通常ならば、売却先が決まらない事はあり得ない。

同和地区の隣であると言う問題。武富士が地上げを依頼した、崇仁・協議会(旧崇仁協議会)との問題。土地を巡り、暴力団抗争となり、何人もの死人を出し、土地に関与しようとすれば必ず暴力団が絡んでくる問題。

コンプライアンスの徹底を強いられるこの時代に、これだけ問題が山積すると、なかなか買手が見つからないのも頷ける。

武富士が民事再生する前から何度も入札が行われ、民事再生申請後も、裁判所の管理下にて、管財人が何度も入札をしたが、落札業者は決まらなかった。

その入札時も、内部の人間しか知り得ない情報が蛇じゃ漏れ状況で、どさくさ紛れに私服を肥やそうとした「火事場泥棒役員」もいた。

昨年の夏、突然「スティーロ」なる、資本金10万円で設立したばかりの会社に、「近畿産業信用組合」が、金を出して名義が変わった。スティーロの親会社「ノバック」が、コンプライアンスに抵触する為、名義を「スティーロ」にせざるを得なかったと、関係者は語るが…。

それだけで無く、売却額も公表せず、管財人の小畑弁護士と、近畿産業信用組合との癒着の疑惑が持たれ、全くもって、不可解な売却であった。

さて、それから1年。近畿産業信用組合の決算に合わせるように、当該3物件が、またまた聞いた事も無いような会社3社に、それぞれ名義が移された。

近畿産業信用組合がスティーロに金を出した背景には、「オリックス」がエンドユーザーを持っていて、武富士の管財人との交渉は、オリックスが裏で進めていたそうだ。

しかし、問題山積の物件である。あの「島田紳助」も暴力団と共に触手したと、「週刊現代」で報じられた。
(その後、島田紳助と講談社が裁判となり、10月末に判決が下され、講談社側の勝訴となった。)

当然ながら、警察、金融庁が躍起になって、近畿産業信用組合、スティーロ、武富士に調査に入ったようだ。

スティーロが所有者では売れないと判断。近畿産業信用組合の青木会長も、警察や金融庁からの調査にウンザリし、物件を売却する為に練った今般の策略は、3物件を其々違う会社の所有者に変えたようだ。

しかし、中身はスティーロ関係者ばかり。売却する為のダミーである。表向きにスティーロと近畿産業信用組合の名を消しただけだ。

スティーロが近畿産業信用組合に金を返し、それぞれ3物件を3社に変えた資金を出したのが、何とあの「楽天」であるとの情報には耳を疑ったが、現在の所有者からの情報なので間違いなかろう。

そして、またしても「オリックス」の名が浮上する。「大和グループ」や「東急グループ」も買手として動いていたが、「楽天&オリックス」が最も熱心だそうだ。

オリックスが隠密に、問題不動産を取得するのは、「かんぽの宿」や「ラブホテル取得」等で、常套手段で納得できる。では何故こんな問題物件に、楽天が手を出したのか?

楽天とオリックスの親密な関係が赤裸々となったのは、現在、塀の中の「ホリエモン」こと堀江貴文がライブドア社の社長時代。ホリエモンの名が世に出た、近鉄バッファローズ買収に名乗りを上げたことからだった。

当時、時代の最先端IT企業の創業者で所謂ヒルズ族、時代の閉塞感に辟易していた若者からは期待するものは大きかったホリエモン。

しかし、旧態依然のプロ野球界は、新勢力の参入には凄まじい拒否反応。同じIT企業であれば、Tシャツ姿がトレードマークの太ったお兄ちゃんより、日本興行銀行出身で、社会常識をわきまえた、楽天・三木谷浩史の方がマシと強く推したのが、高名な経済学者である三木谷の父と旧知の仲であったオリックス・宮内オーナーだ。

当然のごとく、杜の都に楽天イーグルスが誕生となる。楽天がライブドアの球界参入を阻止した論功行賞なのか、当時、楽天・三木谷が欲しがっていた金融事業、オリックス傘下の「あおぞらカード」の買収をさせてもらっている。

それにしても、よほど金が余っているのだろう。国内で、プロ野球とJリーグのどちらにも単独オーナーとしてチームを持っているのは、楽天・三木谷だけである。

プロ野球と言えば、オリックス・バッファローズと、楽天イーグルスは、本当に興味深い。

今年のパリーグ・ペナントレース終盤、最下位のオリックス・バッファローズは名将・岡田彰布監督解任するが、ペナントレース終了までの指揮を依頼していた。しかし、不可解にもすぐに撤回し自宅待機を命じられる。

楽天イーグルスの監督・星野仙一が阪神タイガース時代から毛嫌いする天敵、オリックス・バッファローズ岡田彰布監督が早々と退任させられたことで、楽天イーグルスは残り試合を伸び伸び試合をしてたような…。

あるプロ野球チームの存在価値は、親会社の本業策略への寄与の為。その為の星の売り買いは大相撲どころかプロレス以上。本業で欲しい不動産が有ったが、色々な制約が有り、自ら購入するわけには行かない。

そこで、何でも言うことを聞く球団へ、星の売りを申し出をする。星だけではなく、ペナントレースの順位アップも約束し、代わりに不動産購入を持ち掛けた。

バレてしまえば、プロ野球界から追放されるのは間違い無い。おまけにどちらもオーナーは上場企業。社会的な制裁は大きすぎる。

話は京都の土地に戻るが、オリックスは、京都駅前に一流ホテルを誘致したい。楽天は、四条河原町・高島屋の隣の土地が欲しい。高島屋と何かコラボでも考えてるのか…?

「日本の京都」である。差別偏見は無いが、オリックスや、近畿産業信用組合や、この土地に絡む関係者達「オール在日韓国朝鮮人」の皆様には、「日本を代表する歴史の都市である京都」を我が物にしようとしないで頂きたい。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>